鈴木裕樹(スズキヒロキ) /D-BOYS のチケット情報

お気に入り登録する
鈴木 裕樹(すずき ひろき、1983年10月3日 - )は、日本の俳優。

岩手県北上市出身。ワタナベエンターテインメント所属。同事務所の男性俳優集団D-BOYSのメンバーである。

略歴
小学校教員を目指し、大学で児童教育を学んでいた。大学1年生のときに高校時代の友人とお笑いコンビ「ロードナイン」を結成して仙台市にて活動するが、半年ほどで頓挫、同時にD-BOYSのメンバーとなる。

2007年、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の主役・漢堂ジャン / ゲキレッド(声)を演じた。

2008年8月21日、岩手県出身であることから、D-BOYSを代表して岩手・宮城内陸地震への義援金を岩手県庁に贈呈。

2011年、『海賊戦隊ゴーカイジャー』第7話で2年振りに漢堂ジャン役でゲスト出演。

人物
趣味はサッカーとイラスト、特技は1分間に100回腕立て伏せができること(デビュー当時は出来ていた。現在はその日の体調によって可)。サッカーは小学3年生から始め、中学、高校を通してサッカー部に所属。ポジションはGK。小学生時代ドッジボールが上手だったことから任された。

漢字検定2級を取得している。

仲の良いD-BOYSのメンバーは荒木宏文、和田正人。元メンバーの加治将樹、足立理とも仲が良い。特に荒木とは『獣拳戦隊ゲキレンジャー』で敵味方に分かれながら共演しており、鈴木は普段の仲が良いからこそ遠慮なく演じることができたと述べている。また、同作品で一番印象に残っているものとして、第45話での荒木との格闘シーンを挙げている。

お笑いコンビとしての活動は友人からの誘いによるものであったため、自身に芸人を続けようという強い覚悟がなかったことが解散の理由であったという。しかし、このことをきっかけに自身が本当にやりたいことを考えるようになり、役者を志すようになった。

『ゲキレンジャー』のオーディションでは、漢堂ジャンの特殊なキャラクターに他の候補者は戸惑っていたが、鈴木はフィーリングを理解することができ、合格に至ったことを語っている。放送後は、共演の伊藤かずえやファンの保護者などからジャンと子供を重ね合わせる意見を聞くようになり、自身の役作りが成功していると確信したという。

『ゲキレンジャー』はカンフーをモチーフとしていたため、自ら変身前のアクションを増やすことを要望し、他の共演者とともにアク
「鈴木裕樹」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月28日(日) 08:43UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「関数ドミノ」

    始まりから終わりまで釘付けでした 皆から目が離せない。 時生君いい顔になってきたな~

    虹色ぱん
  • 「関数ドミノ」

    「イキウメ」の「関数ドミノ」とは別作品のような印象。 照明と演出でずいぶん変わるものだと思った。 全体を通して照明が暗い上、「どんなふうに話が進んでいくんだろう」というワクワク感が湧いてこなくて眠くなる。 脚本はとてもいいのに、もったいない。 俳優は頑張っていたと思う。 無駄に笑わせる演出はいらないと思う。 楽しみにしていただけに、がっかり。

    赤裸々エコ
  • 「関数ドミノ」

    ドミノ!!! 凄く不思議な空間に立たされた気分でした。 目には見えないけどドミノは存在するのかな、なんて思いました!

    モンブラン
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

鈴木裕樹 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み