立川生志(タテカワショウシ) のチケット情報

お気に入り登録する
立川 生志(たてかわ しょうし、1963年12月16日 - )は福岡県筑紫野市出身の落語家。落語立川流所属。旧芸名・立川 笑志(たてかわ しょうし)。本名・赤木進。出囃子は『あじゃら』、血液型はB型。神奈川県横浜市居住。

略歴
*筑紫中央高校、福岡大学人文学部卒業。
*INAXにて営業マンを経験した後、1988年7月に7代目立川談志に入門。「笑志(しょうし)」と名乗る。
*1997年2月 二つ目昇進
*2008年4月 真打昇進し「生志」に改名。
*2009年春 後腹膜腫瘍で入院。同年8月復帰。

受賞歴
*1994年 にっかん飛切落語会 努力賞 受賞
*1995年 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞 受賞
*1996年 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞 受賞
*1999年 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞 受賞
*2001年 にっかん飛切落語会 若手落語家奨励賞 受賞
*2002年 NHK新人演芸大賞 審査員特別賞 受賞
*2002年  彩の国落語大賞 殊勲賞 受賞
*2002年  にっかん飛切落語会 優秀賞 受賞
*2003年 彩の国落語大賞 技能賞 受賞
*2003年  にっかん飛切落語会 優秀賞 受賞
*2009年 彩の国落語大賞 受賞
*2009年 横浜文化賞文化・芸術奨励賞 受賞

笑点Jr.メンバーとして
若手大喜利が笑点の番組前半に行われていたころから出演している最古参のひとり、立川流唯一のメンバーであった。

BS笑点時代は連続出演が少なく、次回の出場権を1・2週で剥奪されることが多かった。2005年4月2日の放送では大喜利の終盤で足袋を忘れていたことが発覚し、ペナルティで座布団を全て没収され、次回の出場権を剥奪されたことがある。

当時は「立川流・苦節の二ツ目」を標榜。「簡単に真打ちになった」ことを自慢するキャラクターの2代目林家木久蔵と小競り合いを演じることが多かった。実際には木久蔵とは仲が良く、二人会を開催したり、ホール落語などでたびたび共演している。

2015年現在は、立川流代表の座を、立川晴の輔(志の輔門下)に譲っている。

主な出演番組
*テレビ
**爆笑オンエアバトル(NHK)戦績0勝5敗 最高281KB
**BS笑点(BS日テレ)→笑点Jr.(日テレプラス)大喜利に出演中。
**ぶらり途中下車の旅(日
「立川生志」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年03月15日(木) 16:17UTC
公演レビュー
  • 立川生志 独演会 ~ひとりブタだがや~

    生志の独演会に行くのは今回で2回目。 あいちトリエンナーレ等の時事ネタのマクラは辛口で意外感あり。 談志の悪口を言って笑いをとるのには飽きた。(※立川流共通印象) 今回は生志のみ3席だったが、前座の噺があっても良い。 前座なしならマクラを簡潔にして、4席やってくれると嬉しい。 噺自体は生志の工夫がみられ悪くはなかった。

    落語好き中年
  • 立川生志 独演会 ~ひとりブタだがや~

    開演時間が早まっており、最初を聞き逃した。スタッフの対応もそっけないもの。くそ暑い中、わざわざ出かけていったのにがっかり。情報の周知が甘いのでは?

    なんとかめ
  • 第十回エルガーラ福岡落語会 ~三人会~

    久しぶりに話しを聞いて笑えた。事前のトークショーがほのぼのとして距離感がグッと近くなって高座に入られた。生志師匠は身体を使った熱演が面白さを引き立て、圓太郎師匠は落ちに行くまでの盛り上がらせる引き込み方がうまいし、歌春師匠はさすがに怖い幽霊の話しをユーモラスに和みながらの笑いに持っていく流れが良かった。また次回も行く予定。

    おやじちゃんさん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

立川生志 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み