小山ゆうな(コヤマユウナ) のチケット情報

公演レビュー
  • 『チック』

    少し退屈な日常から抜け出すスタンド・バイ・ミー的な少年二人の逃避行…ふたり旅。 ですが…… 観て頂ければきっと分かる。兎に角観て頂きたい。 大人のふたりが、きちんと過剰に演じ過ぎることなく主人公二人を表現し周りの魅惑的なキャストがそれを彩っている。 舞台美術も魅力的。最初のスタートから裏切られる事間違い無し。 特に、学生や若い世代の人たちに是非観てもらいたい。…このチックを。

    michiru
  • 『チック』

    現代社会の様々な問題を色濃く抱える2010年のドイツが舞台。14歳のマイクは、憧れのクラスメイトの女の子の誕生日会にも声がかからず、家ではいつも両親の喧嘩にうんざりしている自己嫌悪に陥っている少年だ。夏休みを前にして、ロシヤからの移民で風変わりな少年チックが転校してきた。夏休みに入ると、母親はアル中患者の療養施設へ、父親は出張と称して愛人と旅行へ。そんな心の隙間を見透かすように、チックがちょっと無断拝借したオンボロ、ロシヤ製四駆ラダ・ニーヴァに乗って、旅に行こうと誘ってきた。マイクは多少の不安を感じながらも、あぶなかっしい旅に出発した。目指すはチックの故郷最果ての地。マイク(篠山輝信)とチック(柄本時生)以外の父親(大鷹明良)母親(那須佐代子)途中で出会う不思議な少女イザ(土井ケイト)三人は旅の途中で出会う様々な役回りを演じて大忙しである。車の運転シーンが欠かせないのだが、四駆のリモコンカーは当然として、客席中央前席に運転席を設け、映像に行く手を投影させる等演出に工夫は垣間見える。中央に配置された斜めに傾いた四角い回り舞台が、行く先々の風景やマイクの心象を案じさせている。さて、旅の先々で二人は何を感じたのだろうか?二人で過ごす初めての夜、おなかの空いたひもじさ、やるせない老人の一行、ゴミの山に住んでいた不思議な少女イザの出会いとひそかな想い、エルツ山脈の頂上で、友情の証として50年後のまた会おうと立てた三人のイニシャルを刻んだ記念標、そんなわくわくする旅は交通事故で現実に戻る。退屈な日常とあぶなかっしい非日常の境界を行ったり来たりして、マイクは「人は信じていい」「確かな生きる希望」をつかみ取った気がしてゆく。不良少年チックに責任を取らせようとする父親に逆らっても……成長したマックとともに母親も物を投げ捨て、プールに飛び込み、水底から水面を見上げるシーンが全てを語っているようだ。全編温かさが滲んだ作品だ。14歳の未成熟な少年だからこその物語であり、二人は好演だと思うのだが違和感はぬぐえなかった。早い展開でマイクの台詞が聞き取れない場面が多々あったのは粗忽者の年のせいだろうか?

    粗忽者の早とちり
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

小山ゆうな のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み