保坂知寿(ホサカチズ) のチケット情報

お気に入り登録する
保坂 知寿(ほさか ちず、1962年2月13日 - )は、日本のミュージカル女優。東京都出身。

来歴
劇団四季
大妻高校3年生の夏、劇団四季の夏期研修会でミュージカルの手ほどきを受けたのがきっかけで劇団四季付属研究所に入る(省略)。研究所18期生。1980年入団。

1981年研究生2年で『オンディーヌ』の代役に抜擢される(タイトルロールのオンディーヌ役で水曜マチネのみ出演。これがデビュー作となる)『コーラスライン』のヴァル役、『キャッツ』のグリドルボーン役、1986年『ウエスト・サイド物語』のアニタ、マリア両役で高評価を受ける。1988年『オペラ座の怪人』のヒロイン役で注目を浴び、その後数々の大役・難役をこなし、野村玲子と並ぶ劇団四季の看板女優となる。2002年より『マンマ・ミーア!』に主演、同年4月、主演500回を達成する。

2006年、四季の会会員向け情報誌『ラ・アルプ』2月号内にて、同劇団代表の浅利慶太より、『マンマ・ミーア!』大阪公演千秋楽以降、休団することが発表された。同年11月、浅利代表は劇団の公式サイト内で保坂の事実上の退団を明言。同年12月末を以って、劇団との契約終了により正式退団。

他の出演作品に『キャッツ』『コーラスライン』『女房学校』『ウエスト・サイド物語』『クレイジー・フォー・ユー』『アスペクツ オブ ラブ』『ミュージカル李香蘭』『ミュージカル異国の丘』『夢から醒めた夢』など。

退団後から現在
同じ劇団四季出身俳優・山口祐一郎の所属事務所ロックリバーへ移籍。四季退団後初の舞台は2008年7月、シアタークリエで公演された『デュエット』。2009年1-3月には『スーザンを探して』、2009年11月 - 2010年1月には『パイレート・クイーン』、2010年7月に『まさかのChange?!』に出演。

第34回菊田一夫演劇賞(2009年4月21日)。(「デュエット」のソニア・ワルスク、「スーザンを探して」のロバータの役の演技による評価)

出演作品
舞台
劇団四季
*オンディーヌ(タイトル・ロール・水の精たち役)
*アプローズ(アンサンブル)
*エビータ(ミストレス役)
*ハムレット (オフィーリア役)
*キャッツ(ジェリーロラム=グリドルボーン役)
*ジーザス・クライスト・スーパースター(マグダラのマリア役)
*女房学校(アニェス役)
「保坂知寿」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年11月17日(土) 22:54UTC
公演レビュー
  • ミュージカル「ペテン師と詐欺師」

    すごく面白くて楽しめました。皆さんすごく上手で最高です。

    ミー15
  • ミュージカル「ペテン師と詐欺師」/ぴあ貸切公演

    舞台鑑賞は経験ありますが、ミュージカル初体験。とても楽しみにしていて、その期待を全く裏切らない最高の舞台でした。とにかく、すべての出演者の歌唱力演技に魅了されあっという間の時間でした。これからも、たくさんの舞台を見に行きたいと本当に思いました。素敵な時間をありがとうございました。

    カッツー
  • ミュージカル「ペテン師と詐欺師」/ぴあ貸切公演

    大満足できたミュージカルでした! はじめは、山田孝之&福田さんというところにひかれ、すぐにチケット購入しました。 実は、シティ・オブ・エンジェルズを、台風の交通麻痺の影響で、観にいけなくなり、かなりのショックを受けていました。今回観て、益々シティ・オブ・エンジェルズも観たくなりました。 ペテン師と詐欺師‥徐々にお話が楽しくなり、声を出して笑っちゃいました。2幕では、笑う頻度が多くなり、最後には‥笑 情けないのにかっこよくて、笑っちゃいました! 石丸幹二さんも、保坂知寿さんも、劇団四季時代から拝見させていただいてますが、さすがの歌唱力と演技。 それに、アンサンブルのみなさんの細かい演技も、楽しかったです。ずっと、あっち見たりこっち見たりしてました。 楽しい時間をありがとうございました!

    空飛ぶピーターパン
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

保坂知寿 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み