木村良平(キムラリョウヘイ) のチケット情報

お気に入り登録する
木村 良平(きむら りょうへい、1984年7月30日 - )は、日本の声優、俳優。東京都出身。

3歳から劇団ひまわりに所属し、子役として実写・舞台・アニメなどの出演を経て、2009年に『東のエデン』の滝沢朗役でテレビアニメ初主演を務める。2012年、第6回声優アワードにて助演男優賞を受賞。 代表作は『東のエデン』(滝沢朗)、『黒子のバスケ』(黄瀬涼太)、『銀の匙 Silver Spoon』(八軒勇吾)、『テイルズ オブ ゼスティリア』(スレイ)などがある。(省略)

経歴
子役時代
3歳の時に劇団ひまわりに入団。デビューは正確には覚えていないが、幼稚園の時には蜷川幸雄の演出による『夏の夜の夢』の舞台に立っていた。しかし、蜷川幸雄が夏の夜の夢を初演出したのは1994年6月で、彼の幼稚園の頃ではないしキャストに載っていない。1994年11月に、蜷川幸雄演出の王女メディアに出演しているので、それと混合しているのではないか。1990年6月『夏の夜の夢』(演出:出口典雄)で初舞台に立つ。

声優の仕事は物心つく前から吹き替えをしており、日本のアニメのデビュー作については『逮捕しちゃうぞ』だろうとしている。子供の頃は、声優は顔を出さなくても芝居ができるため「楽ちん」だと考えていた。芝居ができれば何でも良かった木村にとって、外見を気にする手間がとられない声の仕事は芝居に集中できたという。

子役から役者へ
オーディションには定期的に受かり、演技で良い評価も受けていたため、仕事への危機感はなかった。それまでの評価が子役としてのものだったことに成人してから気づく。20歳を過ぎて大人の役者との付き合いが増えた時、これから「ライバルは大人」「このままじゃ勝てない」と思うようになり、子役から役者へと意識が切り替わった。自らの危機感を煽るため、声優にどんな勉強をしてきたのかどうして声優を志したのか聞き出し、また声優のワークショップや養成所の見学に出向いた。5か所以上の養成所を回ったが、生徒たちにプロとしての技術や自覚はなく、学生気分だったことから木村が感じていた危機感とギャップがあったという。さらにアニメ好きな生徒はいても芝居好きは見かけなかったため、芝居好きである木村は「この世界では勝てる武器を持っているかもしれない」と自信がついた。

2009年出演の『東のエデン』の滝沢朗でテレビアニ
「木村良平」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月02日(日) 16:17UTC
公式サイト
公演レビュー
  • テイルズ オブ フェスティバル 2019

    初めて参加しました。 スタンド席でしたがステージが遠いという印象はなく、むしろいろいろな色で彩られる会場を見渡すことができて感動! 豪華キャストでのスキットが一番の見所。アドリブで時間が押したとのことですが楽しくてあっという間に感じました。 ぼっち参加でも寂しくはありませんでした。隣の席の方がペンライトを持っていなかった私に貸してくれました!この場を借りてお礼申し上げます!! テイルズの仲間は暖かいです。

    cherry pink
  • テイルズ オブ フェスティバル 2019

    イベントやライブなど盛りだくさんの内容で、その場にいるだけで楽しいです。

    rioh
  • 「力俥-RIKISHA-」浅草立志編&すみだ旅立ち編 完成披露イベント

    撮影時の裏話や監督や脚本の方から見た話が聞けてよかったです。 夜の部では一部で聞いた話を元に、また映画を見ることができて、また新鮮な気持ちで見ることができました。 映画の試写会で、アニメの朗読劇が観れるとは思ってなかったので嬉しかったです。 映画だけでなく、アニメの今後の展開も期待してます。

    ゆきにゃん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

木村良平 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み