ゴールデンボンバー のチケット情報

お気に入り登録する
ゴールデンボンバー
ゴールデンボンバーは、日本のヴィジュアル系エアーバンド、パフォーマンス集団。メディアでの略称は「金爆(きんばく)」。

概要
2004年にボーカル鬼龍院翔とギター喜矢武豊を中心に結成。
エアーバンドという形式をとっているため、基本的にメンバーは演奏しておらず、ライブでは演劇や個性的な振りなど、様々なパフォーマンスを行っている。キャッチコピーは「笑撃のライブパフォーマンスと、奇才・鬼龍院翔の創り出すクオリティーの高い楽曲で注目の究極のエアーバンド」。
鬼龍院翔が作詞作曲・歌唱・ライブの構成や演出、喜矢武豊は体を張ったパフォーマンス及び小道具・動画制作、歌広場淳は曲ごとの振り付け・煽り担当、樽美酒研二はダンス及びパフォーマンス担当である。

かつて、メジャー7社からオファーを打診されたが全て断っている。

バンドコンセプトは「ハイパー・ギガ・ハイブリッド・スーパー・サブカル・ビジュアル・ロック」。音源の演奏等の作業は、メンバーではなくゴールデンボンバーの「中の人」とされるeversetのtatsuoが行っている。

使用しているロゴは、かつてフジテレビで放映されていた『ゴールデン洋画劇場』のロゴと類似しており、鬼龍院自身もブログで言及している。

メンバー4人全員が個性的なパフォーマーであり、奇を衒った発言(音楽に興味がない/演奏できない)をしているが、実際はライブではド下手だが楽器演奏を披露することもある。下積み時代が長いため、経費には常に気を配り、準備も無駄にお金をかけないよう極力自分たちで段ボール工作を行っている(QuickJapan105/26頁)。

2009年には毎月第1日曜日に12ヶ月連続ワンマンや全国46ヶ所でツアーを行い、2010年にはワンマンライブを行った。2011年にもツアーを行い、2012年は1月14日・15日に日本武道館、21日に大阪城ホールでワンマンライブを敢行。3月20日から6月18日までは全国ホールツアーが行われ、ファイナルは横浜アリーナで行われた。
また、ドワンゴにて着うた12ヶ月連続配信を続け、ダウンロード12か月連続デイリーランキング1位を達成した。

2012年11月30日、鬼龍院の喉の治療のために2013年1月から4月まで活動休止と一部ネットニュースで発表されたが、実際には鬼龍院の歌唱活動を控えるとの意味で、活動休止ではないとす
「ゴールデンボンバー_(バンド)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年02月12日(火) 06:00UTC
公式サイト
公演レビュー
  • a-nation 2019

    去年参加して二回目です。有名な曲をやってくれるTRFやボイメンが良かった。倖田來未や金爆などは盛り上げが上手くて一気にファンになってしまいました。初めてフェスに参加したい方たちにオススメです。

    さくさくぱんだ
  • 2019神宮外苑花火大会〈神宮球場〉

    今回で3回目の参加ですが、アーティストが豪華でしたし楽しかった!来年も期待してます!

    ウォッカ
  • 2019神宮外苑花火大会〈神宮球場〉

    初めて行きましたが最高に楽しかったです! 「花火大会」としか思っていなくて、こんなにたくさんのアーティストさん達がライブをしてくださるなんて直前まで知りませんでした(調べてもいなかったので…)。 メインの花火の前にこんなに楽しませてくださることにとても感動しました。 周りの方々も思い思いに歌ったり踊ったり、本番の花火が始まればその荘厳さに見入っていました。 会場のスタッフさん達もとてもテキパキと礼儀正しく優しくて合わせて楽しかった思い出となっています。 花火は途中ハプニングもありましたが対応も早くてさすがだと思いました。 またぜひ来年も行きたいです。

    anela
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ゴールデンボンバー のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み