玉城裕規(タマキユウキ) のチケット情報

お気に入り登録する
公演レビュー
  • 「錆色のアーマ」-繋ぐ-

    初演は動画サイトの振り返り配信で見て、繋ぐを観劇させていただきました。 ストーリーもかなり自分好みでそれぞれの登場人物の伏線が見えてきて続きが早く観たくなりました!! ダンスも歌も芝居も全てに魅せられてしまいました。 パンフレットに歌詞とか載せてくれるともっと嬉しいです!!

    kameko
  • 「ミュージカル ふたり阿国」

    正直余り面白くなかったです。北翔海莉さんと他数名の方の歌とお芝居がとても良かったです。

    ねこのももちゃん
  • 「画狂人 北斎」

    宮本亜門さん演出なので、もしかしたらミュージカルなのかなと思いましたが、ストプレでした。 2年ほど前(すみだ北斎美術館ができた頃)、北斎ブームがバッときて、最近は少し下火になってきましたが、いやいやまだまだ根強い人気のようです。 これまでも北斎(またはお栄)を題材にした舞台は何作か観ましたが、結構いろんなエピソードは紹介され尽くしたし、どのように見せていくのかなとワクワクしながら客席に入ると、講演会のようなステージセット(演台、スクリーン、助手席だけ)。 いい意味で予想が外れ、期待値が上がります。 物語は、画家になれなかった北斎研究家・長谷川(津村知与支さん)と絵描きを諦めようとしている後輩・峰岸(和田雅成さん)の話と、北斎(升毅さん)・お栄(黒谷友香)の話が交互に描かれ、次第にオーバーラップしていきます。 ところどころ、本当に北斎の絵について解説しており、それがまた勉強にもなります。 北斎のような天才になれない長谷川や峰岸のような多くの人々。 その葛藤や挫折、でも絵を捨てきれないジレンマのようなものが、純粋に絵に向かっていく北斎の姿と対比され、心に迫ってくるものがありました。 升毅さんの北斎が、なかなかしっくりきていて、流石ベテランという味でした。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

玉城裕規 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み