長洲未来(ナガスミライ) のチケット情報

お気に入り登録する
長洲 未来(ながす みらい、(省略), 1993年4月16日 - )は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州モンテベロ出身の女性フィギュアスケート選手(女子シングル)。

2010年バンクーバーオリンピック4位、2016年四大陸選手権2位、2008年全米選手権優勝。

人物
ロサンゼルスで寿司店を営む日本出身の両親のもとに生まれた。

元々は両親とゴルフを習っていたが、5歳の頃に悪天候の日に代わりに近所のスケートリンクに遊びに行ったことがきっかけで初めてスケートをする。幼少期は放課後にスケート場、夜は寿司屋のカウンターの端っこに座って学校の宿題という生活を送っていた。2007年に全米選手権ジュニアクラスで優勝するまで資金不足で、同選手権に参加するために所属クラブがエキシビション大会を開いて長洲の渡航費を稼ぐ。優勝後、日本スケート連盟が長洲に日本への移籍を打診したが、米国代表として出場する意向を示している。。日本語は話せて、仮名は読めるが、読み書き(特に漢字)は苦手である。

好きなフィギュアスケート選手名として、浅田真央、高橋大輔、伊藤みどりを挙げると同時に、全てのスケート選手になんらかの好きな点があると述べている。

国籍留保によるアメリカと日本両国の国籍を保持していた。「自分はアメリカ人だと思うか、それとも日本人だと思うか」との問いに対し「どっちもかな」と答えるも、生活の中でアメリカ人であることを自覚する部分もあり、自らを「日本が大好きなアメリカ人」と表現する。また、「日本からもアメリカからも手紙が届くのですごくうれしい、2つの国の人から応援してもらえる境遇にある私はすごくラッキーだと思います」などと述べている。その後、日本の国籍法により22歳の誕生日までに日米どちらかの国籍を選ぶ必要があり、2015年に言語の関係もあってアメリカ国籍を選択した。

オリンピック史上初の伊藤みどり、2010年・2014年の浅田真央に続き、2018年にオリンピック史上3人目となる女子のトリプルアクセルの成功者になった。

経歴

2002-2003シーズンから全米選手権予選に出場する。
2006-2007シーズンに全米選手権本選に初進出、ジュニアクラスでキャロライン・ジャンを破り優勝する。初めての国際大会となる世界ジュニア選手権で2位となる。

2007-2008シーズンはISUジュニ
「長洲未来」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月29日(月) 01:34UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

長洲未来 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み