浅利陽介(アサリヨウスケ) のチケット情報

お気に入り登録する
浅利 陽介(あさり ようすけ、1987年8月14日 - )は、日本の俳優。東京都出身。ビーコン・ラボエンターテイメント所属。

来歴
幼い頃から手拍子に合わせて踊ったり、チャップリンの映画を好んで見ていた姿を見た両親が劇団東俳に入団させ、1991年。その後、ビーコン・ラボ エンターテインメントへ移籍。

1999年、連続テレビ小説『あすか』でヒロインの相手(速田俊作=ハカセ)役の少年時代を、2000年には『永遠の仔』ではメインの登場人物であるジラフの少年時代を演じるなど、子供の頃からドラマなどで活躍。

2001年、『キッズ・ウォー3』で不良少年の一平役で出演し注目される「役者としても人としても成長できた」転機になった作品であると後に振り返っている。

2010年公開の映画『手のひらの幸せ』で映画初主演、2011年のテレビドラマ『ひとりじゃない』でドラマ初主演を務める。

2015年12月17日、大正大学時代の同級生の一般人女性と結婚したことを報告。

人物
特技は乗馬、野球、スキー。趣味は映画観賞、カバディ、ベース、スポーツ全般。

2005年にテレビドラマ『タイガー&ドラゴン』に出演したことをきっかけに落語に興味を持ち始め、30歳を前に春風亭正太郎について習うようになる。

『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シリーズで共演した山下智久、比嘉愛未、戸田恵梨香、新垣結衣(通称「コード・ブルー会」)とは交流を続けており。撮影開始当初、他の4人に圧倒されて現場から帰りたくてしょうがなかった自分に山下が声をかけ、車に乗せてくれたことが突破口のきっかけになったと感謝の意を述べている。

出演
テレビドラマ
* 17才-at seventeen-(1994年4月28日 - 9月1日、フジテレビ)
* 超力戦隊オーレンジャー 第23話(1995年8月4日、テレビ朝日)
* 大河ドラマ(NHK)
** 秀吉(1996年1月7日 - 12月22日) - 宇喜多秀家(少年期) 役
** 元禄繚乱 第13・14・17話(1999年4月4日・11日・5月2日) - 柳沢吉里 役
** 北条時宗(2001年1月7日 - 12月9日) - 北条時宗(少年期) / 北条高時 役
** 新選組! 第26話 - 第48話(2004年7月4日 - 12月5日) - 近藤周平 役
** 功名
「浅利陽介」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月26日(水) 09:54UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「プラトーノフ」

    豪華な俳優さん達の共演で期待し過ぎたのかも知れませんが、前半はダラダラ大量のセリフを聞かされ、何となく退屈で睡魔が…隣の方は寝息をたてておられました。(汗)後半からは舞台にも動きが見られ、セリフと仕草で楽しませて頂きました。主人公に感情移入とまではなれず残念でしたが、藤原さんの美声は堪能しました!

    かれっじ
  • 「プラトーノフ」

    戯曲と聞いて、難しい感じなのかと思っていましたが、 全然そんなことはなく、わかりやすく、随所に笑いもあり、 役者さんそれぞれが個性的で、とても楽しい舞台でした。

    だでぃママ
  • 「プラトーノフ」

    面白かった!チェーホフは、暗い印象しかなかったのですが、シェークスピアかと間違うくらいでした。後半、スピード感があり、笑える場面がたくさんありました。役者の皆さん、一人一人が生き生きしていて素敵でした。ベテランの方は勿論ですが、個人的に中別府さんが素晴らしかったと思います。森さんにより演出で、これからチェーホフがシリーズ化されると嬉しいです。

    y.s.
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

浅利陽介 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み