夢咲ねね(ユメサキネネ) のチケット情報

お気に入り登録する
夢咲 ねね(ゆめさき ねね、7月4日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組トップ娘役。本名および退団後の旧芸名は、赤根 那奈(あかね なな)。

富山県富山市」。妹は元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の愛加あゆ。所属事務所はオスカープロモーション。

来歴
幼少期は父の仕事の関係で富山から金沢、福井と引っ越し、高校進学の際に地元・富山に戻った。

中学校時代の修学旅行で月組公演「ノバ・ボサ・ノバ」を観たのがきっかけで宝塚歌劇と出会い、その興奮を引きずったまま借りた宝塚のビデオに妹と熱中していく。

1999年妹と一緒にクィーンズアベニューに所属したが、1年で退所。1回だけ出演した事務所のイベントのパンフレットによると、身長は168cmと記載されている。

3歳から習っていたバレエに加えて声楽を勉強し、高校在学中に2度目の受験で宝塚音楽学校に合格した。

2001年、宝塚音楽学校入学。予科生(入学1年目)は男役で授業を受けていたが、もともと娘役志望だったため、本科生(入学2年目)で娘役に転向している。芸名の由来は「夢が咲くように」と家族で考えた「夢咲」に、父親が沢山候補をあげた中から、平仮名で覚えやすく太閤秀吉の妻の名前である「ねね」から。

2003年、第89期生として宝塚歌劇団に入団。同期生には、明日海りお、望海風斗、美弥るりか、凪七瑠海、七海ひろき、純矢ちとせ、壱城あずさ、蓮城まこと、白華れみ、大月さゆ、羽桜しずく、愛花ちさきなど。月組公演『花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン』で初舞台を踏み、同年5月22日月組に配属される。

2005年、同期の明日海、美翔かずきとともに関西アーバン銀行のイメージガールに選ばれ、CMに出演。同年、入団2年目で『エリザベート』のタイトルロールエリザベート皇后役で新人公演初ヒロイン。さらにバウホール公演『BourbonStreet Blues』のヒロインにも選ばれバウ初ヒロインを務めた。

2006年、日生劇場公演『オクラホマ!』では、アド・アニー役を演じた。

2007年、バウホール公演『大坂侍』では積極的なお勢役を演じ好評を得た。

2008年1月30日付で月組から星組へ組替え。組替え直後のシアター・ドラマシティ公演『赤と黒』では大役マチルドを演じる。同年11月『ブエノスアイレスの風』でヒロインのイサベラ役を演じ、柚希礼音の相手
「夢咲ねね」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月07日(火) 15:23UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 阪急ゆめ・まち親子チャリティコンサート

    二人の子供を連れて毎年公演を聴きに行っています。下の子が6年生になり、とうとう今年が最後になってしまいました。心地よい音楽と指揮体験のわくわく、楽しい時間でした。 小さい子供を大人も参加するコンサート、特にクラシックなどに連れて行くのは周りに迷惑をかけるかも・・・という意見を耳にしたことがあります。また長時間静かに過ごすためにあやしたりと、結局子供も大人も音楽を楽しめているのか?と考える意見もあります。 しかも私は何事も経験だと思います。確かに周りに迷惑をかけないよう最善を尽くします。ただ参加しないのでは何の成長も経験もないままなのです。そういった意味でも小さい子供が気軽に本気のクラシックに参加できる素晴らしい企画公演だと思っています。 10年間音楽とチャリティーに参加させていただくことができ、ありがとうございました。

    忠子
  • MUSICAL「笑う男 The Eternal Love-永遠の愛-」ぴあ半館貸切

    ストーリーはヴィクトルユーゴ、曲はワイルドホーンと言うことなし。1幕目は説明でダラダラするかもしれないが、話が進むにつれ世界に引き込まれ涙なくてはみれません。衣装の豪華さもみものです。

    なにゃおみ
  • ミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」〈1月〉

    市村さんの怪人はオペラ座の怪人をされていた頃の声の艶、怪人の不気味さ凄みそのままに、人間らしい切なさも表現されていて、素晴らしい作品でした。子役の方もボーイソプラノが美しく、怪人とのデュエットは、本当に素晴らしく、涙が出そうになりました。石丸さんバージョンも観てみたいと思わされる内容でした。

    エンジェル
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

夢咲ねね のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み