北原里英(キタハラリエ) のチケット情報

お気に入り登録する
北原 里英(きたはら りえ、1991年6月24日 - )は、日本の女優。女性アイドルグループNGT48およびAKB48の元メンバー、SKE48の元兼任メンバーであり、NGT48ではキャプテンを務めた。AKB48の派生ユニットNot yetのメンバー。愛知県一宮市出身。太田プロダクション所属。

略歴
2007年
* 『AKB48 第二回研究生(5期生)オーディション』に合格。
2008年
* この年、上京。
* 3月1日、チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演における楽曲「純情主義」のバックダンサーでデビュー。
* 7月30日、旧チームAに昇格。
* 10月22日、10thシングル「大声ダイヤモンド」で初めて選抜メンバー入りを果たし、以後18thシングル「Beginner」までの全シングルで選抜入りする。
2009年
* 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル 選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では13位となり、選抜入りを果たした。
* 8月23日に開催された『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演にて、10月よりチームBに異動することが発表された(実際に異動したのは2010年5月21日)。
2010年
* 3月25日に開催された『AKB48 満席祭り希望 賛否両論』の夜公演にて、太田プロダクションから移籍打診があったことが発表され、のちに正式に移籍した。
* 2月17日、15thシングル「桜の栞」で初のフロントメンバーに選ばれ、2ndアルバム『神曲たち』でも通常盤ジャケットのフロントメンバーに選ばれた。
* 4月30日、アメーバにてオフィシャルブログ「さんじのおやつ」をスタートした。
* 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル 選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では16位となり、シングル選抜入りを果たした。
* 5月17日、『週刊プレイボーイ』No.22 2010年5月31日号(集英社)に初のソログラビア「キタリエはじめました。」が渡辺麻友とともに掲載された。
* 8月13日放送開始の『学校のコワイうわさ 新・花子さんがきた!!』では、ホワホワ役で声優デビュー。
* 10月30日に自身初のソロカレンダーが発売され、同年11月6日には初のソロカレンダー発売記念
「北原里英」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月25日(木) 23:46UTC
公式サイト
公演レビュー
  • HERO~2019夏~

    舞台セットは変わらないのに、脚本と演出と役者さんの演技で年月や場所が移り変わることが分かったし違和感もなくてすごいなと思いました。 役者さんの演技も緩急があって笑りあり涙ありでとても感情が忙しくて飽きずに観ることが出来ました! 来年の映画も楽しみです!

    若丸
  • 舞台「どろろ」

    鈴木拡樹あにきは、いいオーラを出して下さっていた!原作の明るく元気なキャラではなく、暗い・・・というより”鬼か人か”何とも言えない不思議な存在。最初は白い仮面を着けているので、余計に謎めいています。最新のアニメを舞台化しているのでしょうか?見られないのが残念です。アニメの声も鈴木さんだそうですが、舞台の百鬼丸は相当長い間しゃべらなくて、原作のようなテレパシーも使わないので、無言のまま終わるのかと思いました。琵琶法師のおっさんと寿海パパが付いて来てくれるのが嬉しい。醍醐パパは、領地の平安のために魔神と契約したと言い、多宝丸も「兄上」と呼ぶ行儀の良さがあります。二人とも、原作レベルの冷酷さがあってもいいんじゃないかな?と思いました。ばんもんの妖怪は、九尾の大ボスがいて欲しかったなぁ!どろろは、大人が演じているのに原作を裏切っていなくて大満足です!!北原里英さん、ありがとうございます!でも、正体が明かされなかったのは、アニメ放映の都合でしょうか?百鬼丸にだけ見える、どろろのきれいな魂のアイデアはとても良かった!!一回観ただけでは満足できません、早く再演して欲しいです。

    kyuko
  • 映画 としまえん/完成披露上映会

    先ず総論から言えば、作品自体は可もなく不可もなくと言った感想かと思う。 だが、昨今の「これでもか?これでもか!?」と言わんばかりのグロテスクで無意味な刺激を過剰に追求するホラー映画の潮流にあって、この作品のオーソドックス且つシンプルでコンパクトな構成は返って好感が持てるものと成っていると思う。 昔ながらの日本の幽霊・妖怪映画の流れを汲んだ感じの作品で、インパクト演出ばかりではなく物語の背景にも重点を置いて確りと描こうとしている。 遊園地「としまえん」を題材にしている事もあり、子供達と一緒に観て、更に遊園地自体を楽しむファミリー向けホラー映画としては丁度良いかも知れない。 映画好きの観点からすると、この作品には制作過程に於いて幾つかの幸運が見てとれる。 一番のポイントは物語の舞台となる実在する遊園地「としまえん」の全面協力により、ロケ撮影の大半を現地で本物の施設を使って行う事が出来た幸運であろう。 この作品の上映予定劇場数を見る限りでは、制作費の回収を考慮してかなりの低予算での制作であったのではないかと思われる? 低予算制作での厳しさのシワ寄せはどうしても映像のチープさとして反映されてしまうものだが、この作品はセットやCG処理ではなく実際の遊園地施設を使って存分に撮影している為、画・ロケーション・映像そのものは思いのほか重厚な雰囲気を醸し出している。 B級映画好きのマニアには薄いチープさが返って不満要素になるかも知れない?(笑) そしてもう一つの幸運は、メインキャストのなかなか渋い人選である。 彼女達6人の経歴を見ると元アイドルという人もいる様だが、女優としてはアイドル女優的な売り出し方をしておらず、バイプレイヤー的な本格派を志して活躍している新進気鋭の女優さん達である事が解る。 こういう役者さん達は作品を選り好みせず真剣に取り組んでくれる為、現場に良い意味での緊張感を形成してくれるのが常である。 その雰囲気は映像の其処彼処にも見てとれる。 又、未だ変に余計な知名度が着いていないので、映像が浮つく事無くリアルな存在感で作品に溶け込んでくれている。 それが作品全体の安定感を生み出しているのではないかとも思われる。 願わくばこの新進気鋭の女優さん達が、将来日本映画界に欠かせない存在として活躍してくれることを祈りたいと思います。

    ASIA
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

北原里英 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み