岡田将生(オカダマサキ) のチケット情報

お気に入り登録する
岡田 将生(おかだ まさき、1989年8月15日 - )は、日本の俳優である。

東京都出身。スターダストプロモーション所属。身長180cm、体重65kg。

略歴
芸能界入りのきっかけは、中学2年生の時に生まれて初めて友人と原宿に行った時にスカウトされたことから。しかし当時は部活動(バスケットボール部)に夢中だったため一旦断る。高校進学後、スカウト時に渡された名刺を保管していた姉から勧められ事務所の面接を受けたところ合格し、現在のスターダストプロモーションに所属。当時16歳。ただ当時通っていた高校では芸能活動ができなかったため、別の高校に転校し仕事は高校2年生になってから始めている。

2006年、日本工学院専門学校のCMでデビュー。同年、テレビドラマ『東京少女』でドラマデビュー。

2007年、映画『天然コケッコー』、テレビドラマ『生徒諸君!』(テレビ朝日)、『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(フジテレビ)でメインキャストを務め注目を集める。

2008年、テレビドラマ『フキデモノと妹』(テレビ朝日)で初主演。

2008年冬から2009年にかけて、主役級で出演する映画5本(『魔法遣いに大切なこと』、『重力ピエロ』、『ハルフウェイ』、『ホノカアボーイ』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』)が相次いで公開される。これらによって2009年度映画賞の新人賞を総なめにする。

2009年、映画『ホノカアボーイ』で映画初主演。同年、テレビドラマ『オトメン(乙男)〜夏〜』(フジテレビ)で連続ドラマ初主演。

2010年、映画『雷桜』で時代劇初出演。

2012年、『平清盛』では大河ドラマ初出演にして、ナレーションを務めている。

人物・エピソード
(省略)

嗜好
(省略)

その他
*姉と妹がおり、特に妹が大好きだと「王様のブランチ」のインタビューで語っている。
*幼少の頃は髪の毛はストレートだったが、中学生頃から突如天然パーマになった。
*自身の性格を「人見知りだし人づきあいは不器用なほう」と語っている。 
*映画『重力ピエロ』で共演した加瀬亮とは、お互いの性格が似ているため意気投合したと語っている。
*芸能活動と並行して都内の大学に在学していたが、芸能活動に専念するため2009年度末に大学を中途退学。
*第35回モントリオール世界映画祭でイノベーション・アワードを
「岡田将生」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2012年08月20日(月) 15:03UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「ハムレット」

    どうしても蜷川幸雄演出の藤原竜也主演のハムレットと比べてしまうのは私だけだろうか。 今回の岡田ハムレットは若すぎて、全く苦悩が伝わってこなかった。 口先だけの悶えばかりで、何をこの人は悩んでいるんだろうと思ってしまった。 30代・40代の岡田ハムレットを見ていきたいと思った。 藤原竜也も20代の時はまだ青いハムレットであったに違いない。 岡田将生もそうだと思う。シェークスピア劇は奥が深いから、そう簡単には表現できないと思う。 頑張ってほしい!!! 時代背景を少し現代風にしたのはよいが、衣装がちょっと軽快すぎて、王様の威厳が少し半減していたような気がした。 王様の威厳もそうだが、亡霊のおどろおどろしさが無く、この人は何なんだ?と一瞬思ってしまう。 亡霊役の俳優も悔しさが伝わらなかったような気がした。 舞台装置はなかなか良かった。からくり式になっていて、見ていて飽きなかった。 マイクが無くても声が客席に届くようにしているので、よかった。 今回のキャストは、村上虹郎と秋本奈緒美のキャスティングがとてももったいなかったような気がした。 村上虹郎のセリフ回しは堂々としていて、よかったと思う。虹郎ハムレットもありなのではないかと思った。 秋本奈緒美は誰だと思ったくらい、上手で、舞台映えしていた。松雪泰子より、秋本奈緒美のガートルードを見てみたいなと思った。

    ひちゃみ
  • 「ハムレット」

    衣装などは若干の違いはあるが正統派のシェイクスピア劇でした。 ハムレットの激しさや葛藤がよく表現されていましたが、逆に岡田将生くんが持つ個性も消えてしまったような気がしたのが残念でした。 岡田くんならもっと違うハムレットを表現できたのでは無いかと思い少しもったいない気がしました。 今回は黒木 華さんが見たくて観劇したのですが、シナリオ上出番が少なかったのが残念。 でも、狂気にとりつかれたオフィリアは見ごたえがありました。 後半の復讐という結末へ進んでいく流れも迫力があって凄かったです。最後まで食い入るように見てしまいました。

    ゆいな
  • 「ハムレット」

    岡田将生くんは初めての舞台『皆既食』も観たけど ほんとに「初めて?」と思うくらい堂々としていて 舞台向きな声で自然に観れた。 今回もやってくれた。 凄い。素晴らしい。 彼の狂気に満ちた演技が大好き。 黒木華ちゃんは以前、NODA・MAP『南へ』で もう1人の蒼井優役で出ていたよな~なんて思ってたら テレビドラマに出たりしていつのまにか 有名な女優さんになっていた。 やっぱり舞台経験してると テレビだろうが映画だろうか 演技がしっかりとしている(素人なのに上から(*_*;) 松雪泰子はもういるだけでオーラ 存在感がハンパない。 言うことない、ほんと。 ただ、オペラグラスからでも分かる 彼女の横顔はやっぱりお年を召したかな?って感じ。 だけどその年齢を重ねた姿がまた、演技に重みが出て いいんだよね、きっと。 ラストは衝撃だけど充実感はあった。

    心絵
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

岡田将生 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み