潘恵子(ハンケイコ) のチケット情報

お気に入り登録する
潘 恵子(はん けいこ、1953年4月5日 - )は、日本の声優、女優、西洋占星術師。かつては青二プロダクション、81プロデュース、ネヴァーランド・アーツに所属しており現在はジャストプロ所属。(省略)

人物紹介
特色
神秘的なキャラクター・少女役・高貴な女性役・主人公のライバル的な敵役等までカバーし、『小公子セディ』のハートル役などで少年役も担当した。

古谷徹とは『機動戦士ガンダム』、『ヤマトよ永遠に』、『新竹取物語 1000年女王』、『オーディーン 光子帆船スターライト』、『聖闘士星矢』、『美少女戦士セーラームーン』など共演が多い。古谷の口から「たくさんの作品で相手役を含めやらせていただいた」と語られている。

経歴
東洋英和女学院。当時は舞台と声優の演技は全然違うという風潮があったが、藩は全く苦にしなかってという。

実写ドラマでは『非情のライセンス』でデビュー。同年の『超人戦隊バラタック』(ユリ役)が初レギュラーとなった。また同年、日本アニメーション製作の『女王陛下のプティアンジェ』(アンジェ役)で初主演した後、『機動戦士ガンダム』(ララァ・スン役)や、1980年代には『世界名作劇場』シリーズに出演する。

『機動戦士ガンダム』出演当時、ニューヨークで1週間の滞在期間中にブロードウェイの舞台を8本観劇。その内容にショックを受けて、自分の芝居に「もう無理!」と感じ、自分に何ができるか考えて声の仕事に専念するようになった。

元祖アイドル声優として、歌手としても活動、主題歌を担当した作品もある。また、クイズ番組やテレビドラマなどにも出演していたこともある。1980年代前半には、女性声優の人気投票で度々1位を獲得していた。

エピソード
『セーラームーン』第1作では、正義側のルナと悪役のクイン・ベリルの両方を演じていたが、連続して登場する際にとっさの切り替えが難しかったと語っている。直前に登場した役の声のまま、もう片方の役を演じてしまい、NGになったことも多いという(『セーラームーン』LD収録のインタビューにて)。当時の事を振り返り「失敗しても悔やんでいられない。でも凄く前向きな性格になれた」と語る。

GACKTのファンであり、直接の知り合いである池田秀一に会わせてくれとねだったが、池田が難色を示したため、「あの時助けてあげたのに!」とララァ・スンがシャア・ア
「潘恵子」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月31日(土) 14:13UTC
公式サイト
公演レビュー

全0件を見る

まだレビューがありません レビューを投稿する

amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

潘恵子 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み