三遊亭円楽(サンユウテイエンラク) のチケット情報

お気に入り登録する
楽太郎改メ 六代目三遊亭円楽 襲名披露公演
6代目 三遊亭 円楽(さんゆうてい えんらく、本名:會 泰通(あい やすみち)、1950年2月8日 - )は、日本の落語家。円楽一門会所属(マネジメントはオフィスまめかな)。2017年6月27日からは客員として落語芸術協会に加入し、2つの噺家団体で活動している。2010年3月1日、初名の三遊亭楽太郎(さんゆうていらくたろう)から師匠の名跡である6代目三遊亭圓楽を襲名。しかし、「落語界では旧字体の<圓>の字をよく使うが、常用漢字の<円>で通す」と表明しており、襲名以降各種落語会、独演会、テレビ出演等すべての活動において、「(6代目)三遊亭円楽」と名乗っている。出囃子は師匠5代目三遊亭圓楽と同じ『元禄花見踊』(以前は『花が咲き候』を使用)。

東京都墨田区出身。墨田区立両国中学校、東京都立深川高等学校、青山学院大学法学部卒業。長男は落語家・声優の会一太郎(落語家としての名称は三遊亭一太郎)で、その妻は声優の佐々木愛。

芸歴
* 1970年4月 - 青山学院大学法学部在学中に5代目三遊亭圓楽の鞄持ちのアルバイトに志願、暫くの付き添いを経てスカウトされ入門、楽太郎を名乗る。当時落語研究部に所属、発表会で兄弟子三遊亭楽松(現:三遊亭鳳楽)に会っており、入門前から面識があった。
* 1972年3月 - 青山学院大学法学部卒業。
* 1976年7月 - 二つ目昇進。
* 1977年8月28日 - 6代目三遊亭圓窓の後任として『笑点』レギュラーとなる。5代目圓楽の卒業で欠員が出ていたため、5代目が着ていた薄紫の色紋付を着用することとなった。
* 1978年 - 落語協会分裂騒動で師匠と共に脱退し、落語三遊協会所属となる。
* 1979年1月 - 放送演芸大賞最優秀ホープ賞受賞。
* 1980年 - 落語三遊協会解散。大日本すみれ会(現:円楽一門会)所属となる。
* 1981年1月 - 若手落語家努力賞受賞。
* 同年3月 - 真打昇進。
*2007年より「博多・天神落語まつり」のプロデュースを手がけており、東西の大物落語家なども登場する一大イベントとなっている。
* 2010年3月1日 - 6代目三遊亭圓楽を襲名。
* 2016年6月10日 - 写真週刊誌「フライデー」に40代女性と錦糸町のラブホテルへ入る様子を撮影された件で、釈明会見を開き不倫関係にある
「三遊亭圓楽_(6代目)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月29日(木) 14:44UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 三遊亭円楽・柳家花緑・玉川太福・三遊亭わん丈 特撰落語会

    円楽さんのご快癒を祈るばかりです。花緑さんは大爆笑でした。わん丈さんは初めて聞きましたが、若手で面白いですね。玉川さんの浪曲も聞きごたえがありました。

    落語支援者
  • リビング寄席「秋まで待てない落語会」

    お値段以上の価値がありました。 圓楽さんがご病気で残念でしたか、代わりに木久扇さんが来てくださり盛り上がりました。 1番の贔屓は圓歌さんですが、笑点メンバーも大好きです。 四代目圓歌さんの襲名披露公演を拝見できて本当に良かったです。

    キョロちゃん
  • 特撰落語会 桂文珍・三遊亭円楽・林家たい平

    7/07(日) 特撰落語会 桂文珍・三遊亭円楽・林家たい平 【午前の部】 楽べえ「転失気」 円楽「藪入り」 仲入 たい平「青菜」 文珍「スマホでイタコ」

amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

三遊亭円楽 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み