林遣都(ハヤシケント) のチケット情報

お気に入り登録する
林 遣都(はやし けんと、1990年12月6日 - )は、日本の俳優。滋賀県大津市出身。比叡山高等学校卒業。

スターダストプロモーション制作3部所属。

略歴
* 2005年、中学3年生の修学旅行中に、渋谷駅のホームでスカウトされ芸能界入り。
* 2007年、映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。同作品での演技が評価され日本アカデミー賞、キネマ旬報ベスト・テンなどその年の多くの新人賞を受賞。
:2008年から映画出演が続き、『ちーちゃんは悠久の向こう』、『DIVE!!』、『ラブファイト』の主演を務める。
* 2009年、地元・滋賀県内の高校を卒業し上京。『小公女セイラ』(TBS)で連続ドラマ初出演。
* 2011年、『コヨーテ、海へ』(WOWOW)でテレビドラマ初主演。『荒川アンダー ザ ブリッジ』(MBS・TBS)で連続ドラマ初主演。
* 2017年、映画『(省略)』で中国映画に初出演。

人物・エピソード
* 特技は書道と野球。
* 中学3年生の時に友人らとバンドを組み、高校進学後は軽音楽部に所属してギターを担当していた。好きなミュージシャンは峯田和伸。
* 兄弟は兄1人、妹1人の3人兄弟。
* NHKアナウンサーの高瀬耕造と似ているとの声がネット上で上がっており、林もその話を耳にしているという。
* 池松壮亮は恋人以上の存在であり、永遠のライバルである。

受賞歴
*『バッテリー』
**第31回日本アカデミー賞 新人俳優賞
**第81回 キネマ旬報ベスト・テン 日本映画新人男優賞
**第22回 高崎映画祭 最優秀新人賞
**第17回 日本映画批評家大賞 最優秀新人賞
*第22回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 助演男優賞 (『おっさんずラブ』、2018年)

出演
映画
* バッテリー(2007年3月10日、東宝) - 主演・原田巧 役
* ちーちゃんは悠久の向こう(2008年1月19日、シナジー) - 主演・久野悠斗 役
* DIVE!!(2008年6月14日、角川映画) - 主演・坂井知季 役
* ラブファイト(2008年11月15日、東映) - 主演・立花稔 役
* 余命(2009年2月7日、SDP) - 百田瞬太 役
* 引き出しの中のラブレター(2009年10月10日、松竹) - 速見直樹 役
* 風が強く吹いている(2009年10月31日、松竹
「林遣都」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月11日(土) 06:48UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 『チェリーボーイズ』初日舞台挨拶

    めっちゃ面白かったでした。 2時間があっという間でした。 監督さん、映画監督デビューおめでとうございます。

    やんたに
  • ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ

    舞台セットは、中央に階段があるだけのシンプルなもの。 しかし、脚立があったり、照明が中途半端に降りて来てたり、パイロンが置いてあったりと、まだ舞台セッティングの途中の感じです。 すると、開演5分くらい前から、スタッフらしき人たちが現れて、脚立やパイロンを片付けたり、照明を直し始めます。 その様子をぼんやり見ていると、いきなり生田斗真さんと菅田将暉さんが舞台中央に出現し、芝居が始まります。 なので、気を抜かずに(笑)。 さて、この物語は、『ハムレット』のスピンオフ的なもので、ハムレットの友人であるローゼンクランツ(生田斗真さん)とギルデンスターン(菅田将暉さん)の視点から『ハムレット』を描いたものです。 もちろん『ハムレット』を知っていた方が、より楽しめますが、知らなくても途中で簡単な説明があるので大丈夫です(劇場でもらったチラシに人物相関図もありましたし)。 ほとんどの場面が、この二人の掛け合いで進行しますが、これがまるで漫才。 生田さんがボケ、菅田さんがツッコミです。 私の中では、逆のイメージがありましたが、これはこれで納得感がありました。 生田さんの絶妙な「間」に、菅田さんの哲学的な「返し」。 これから公演が進めば、もっとこなれて、もっと面白くなるんじゃないかと思います。 時折、ハムレット役で登場する林遣都さんが、場を締めてくれるのが見事でした。 観客は予想どおり、女性客が9割くらい? 一部の男性用トイレも、女性用になっていました。

    touch
  • 「子供の事情」

    キャストと演出家だけ見ても、かなり豪華なので、相当ハードルを上げて観劇に行きました。 しかし、相当なハードルにもかかわらず、それを超えるような面白さでした。 特に、大泉洋さん・小池栄子さんは、テレビでも舞台でも変わらず、個性が光りますね。 子供の頃よく見ていたドリフや伊東四朗さんとやっていた絶妙のコントを彷彿させるような 御茶目な伊藤蘭さん。林遣都さんは素顔は全く違うはずなのに、もう三谷幸喜さんにしかみえませんでした。 天海さんはいかなる時も凛々しくて・・ 超売れっ子の方々ばかりなので、再演は難しいかもしれませんが、またこのメンバーで作品を見てみたいです。

    ファンテ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

林遣都 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み