北乃きい(キタノキイ) のチケット情報

お気に入り登録する
北乃 きい(きたの きい、1991年3月15日 - )は、日本の女優、歌手。本名は非公開。

神奈川県(省略)出身。フォスタープラス所属。

略歴
2005年3月1日、ティーン向けのファッション雑誌『Hana*chu→』(主婦の友社)4月号で新モデルとして登場し、専属モデルを務める。同年、ミスマガジン2005グランプリを獲得。当時14歳であり、ミスマガジン史上最年少および平成生まれ初のグランプリ受賞者となる。同年7月17日、ドラマ『恋する日曜日「夏の記憶」』で単発ドラマ初主演。

2007年、映画『幸福な食卓』の中原佐和子役で映画初主演。同年1月27日、バラード曲「桜舞う」を着うた配信限定でリリースし、歌手業にも挑戦。同年6月、ドラマ『ライフ』の椎葉歩役で、連続ドラマ初主演。また、第86回全国高等学校サッカー選手権大会の応援マネージャーを務めた。堀北真希、新垣結衣に続く3代目となったが、同大会のテレビ中継主幹局である日本テレビ以外の放送局が制作したドラマでブレイクした女優が選ばれたのは、北乃が初である。

2007年、第17回東京スポーツ映画大賞新人賞、『幸福な食卓』で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞、第29回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を、『ライフ』で第45回ゴールデン・アロー賞新人賞ドラマ部門を受賞。

2010年2月24日、avex traxからシングル「サクラサク」でCDデビューを果たした。

2011年1月、第25回日本ゴールドディスク大賞「ザ・ベスト5ニュー・アーティスト」(邦楽部門)に選出された。

2012年5月23日放送の『ヒルナンデス!』にて怪我をしているとコメント、25日発売の雑誌『フライデー』にて足の靭帯を損傷していることが報道され、6月6日付の公式ブログで足を痛めていることを発表した。

2014年9月から、関根麻里の後任として日本テレビ系『ZIP!』の総合司会を担当する。

2015年5月、『ザ・テノール 真実の物語』で第20回ミラノ国際映画祭の助演女優賞にノミネートされる。

人物
(省略)
* 日出高等学校卒業。同級生に菊地亜美がおり、菊地宅で高校時代の同級生と19歳の誕生日パーティを行った。
* 趣味・特技は買い物、ピアノ、中国語、クラシックバレエ。
* 好きな食べ物はメロンで、嫌いな食べ物はピーマン。
* 「きい」と言う芸名は、げ
「北乃きい」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2015年10月19日(月) 03:11UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 劇団た組。

    非常に迫力があり、リアリティのある迫真の演技とストーリーが素晴らしかったです。 ストーリー上、暗闇での演技だったので北乃きいさんが、最後の挨拶までよく見えなかったのが残念でした。 次回を楽しみにしています。

    セシル
  • 心臓が濡れる (劇団た組。第16回目公演)

    いろんな意味で、かなりの心的ストレスがかかる舞台でした。 ある夜、突然の災害(地震?)に襲われ、オフィスに閉じ込められた10人の話です。 停電のため、室内は真っ暗。 ビルの周りは、川が決壊したのか、1階まで”汚い水”が上がってきており、救助を待つしかありません。 倒れてきた棚の下敷きになって、両脚を骨折した?三塩(望月龍平さん)は、周りに高圧的な態度をとります。 他の人も、ときおり喧嘩や口論になりながらも、非常食をとったり、普段はしないような身の上話をし始めますが、急に伊藤(鳥谷宏之さん)が体調を崩し……。 劇場は、スカイツリーから歩いて10分ちょっとのところにある小劇場「すみだパークスタジオ倉」。 大音量の地鳴り?とともに暗転し、狭くて真っ暗な室内になる(最初は懐中電灯の光だけで芝居が続きます)という演出が、劇場の小ささも相まって、私たち観客も同じ部屋に閉じ込められているような感覚に陥らせます。 題材は、おそらく東日本大震災(”汚い水”は放射能のこと?)だと思われるのですが、先日発生した大阪北部地震や、ここ数日の記録的大雨、またタイの洞窟に取り残された少年たちのニュースのことも想起されました。 さらに、暗所、閉所、大音量(とくに最後は腹まで振動するほど)の恐怖に加え、リバース(いわゆるゲ○)シーンの不快感で(あそこまでリアルな演出は必要だったのでしょうか)、結構な心的ストレスがかかりました。 話自体も、閉じ込められた10人が内面をさらけだしていく人間模様で進んでいたものが、ちょっとオカルト的な(心霊的ということではないんですが)展開になって、また、”汚い水”と”おふくろの味”が、どう結びつくのかという謎も捉えきれず……そういう面でも心的ストレスを感じてしまいました。(^_^;)

    touch
  • りゅーとぴあプロデュース「人形の家」

    昔々、学校の授業で習ったと思うのですが、「イプセンの『人形の家』」は、作者とタイトルを対で覚えさせられるくらい有名な作品であることは知っています。 でも、肝心の話の内容は、全く知りませんでした。 世間知らずで浪費家のノラ(北乃きいさん)は、銀行員の夫・トルヴァル(佐藤アツヒロさん)の頭取昇進を聞いて喜びます。 頭取になったトルヴァルは、自分に楯突く部下のクロクスタ(松田賢二さん)をクビにしようとします。 しかし、ノラは、夫に内緒でクロクスタに借金をしており、その時犯したサイン偽造をネタに「旦那にばらされたくなかったら、自分をクビにしないようにさせろ」と脅されます。 結局クビになったクロクスタは、サイン偽造の件をトルヴァルにばらし、怒り狂ったトルヴァルは……。 この作品は、発表された19世紀から20世紀初頭にかけて、婦人解放運動とともに大きな反響があったそうです。 子供の頃は父親から、結婚してからは夫から、人形のように可愛がられて頼り切って生きてきた女性が、妻や母という立場を捨てて社会に出て行く姿が共感を得たのかもしれませんが、個人的には、かなりの違和感を感じました。 まず、ノラが、小さな子供が3人もいる母親に見えません。 また、夫に愛されながらも、窮屈な思いを抱いているようにも感じられません。普段は感じていなくて、最後に気付かされたということだとしても、何かしらの伏線がないと(郵便受けの鍵を夫が管理しているくらい)、最後のノラの決断が唐突に思えてしまいます。 ここらへんは、ストーリー構成とか演出とかの問題かもしれません。 もう一つの違和感は、怒り狂ったトルヴァルの演技。 もう少し、重み?厚み?のようなものが欲しかった気がします。 大空ゆうひさん、松田賢二さん、渕上泰史さんたちの”大人”の雰囲気とのギャップを感じてしまいました。 他にも、リンデ夫人(大空ゆうひさん)に諭されて、簡単にクロクスタが改心してしまうところなど、違和感満載でしたが(笑)、決して面白くなかった訳ではありません。 逆に違和感があったから、観終わっても「あの時の心情はああだったのかな」といろいろ考えさせられたような舞台でした。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

北乃きい のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み