平嶋夏海(ヒラジマナツミ) のチケット情報

お気に入り登録する
平嶋 夏海(ひらじま なつみ、1992年5月28日 - )は、日本のタレント、女優。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。東京都出身。ワンエイトプロモーション所属。

略歴
2005年
*10月30日、『AKB48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7924名、最終合格者24名)。
* 12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った(当時は旧チームAに所属)。
2007年
* 2月、浦野一美(元・SDN48)、渡辺志穂(卒業)とともにサポート・メンバーとして旧チームBへ異動。
2008年
* 6月28日、プロダクション尾木の所属になることが発表された。
2009年
* 1月から、多田愛佳、仲川遥香、渡辺麻友とともに「渡り廊下走り隊」としても活動(後に渡り廊下走り隊7に移行)。
* 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では26位で、アンダーガールズ入りを果たした。
2010年
* 5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』でも26位で、アンダーガールズ入りを果たした。
2011年
* 2月25日、『チームB 5th Stage「シアターの女神」』公演において劇場公演通算出演回数777回を迎えた。
* 5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では3回連続の26位で、アンダーガールズ入りを果たした。
2012年
* 1月28日、男性と撮った私的な写真が流出したことが原因で、AKB48の活動を辞退することを申し出る。同時に渡り廊下走り隊も脱退を表明した。
* 2月5日、『上からマリコ』劇場盤大握手会をもってAKB48メンバーとしての活動を終了。
* 7月25日、この日リリースされた渡辺麻友の2ndシングル『大人ジェリービーンズ』初回生産限定盤Cの映像特典企画として「恋愛禁止事項」をテーマに渡辺と対談(6月27日収録)。AKB48活動終了後、休止していた芸能活動を行った。
* 10月24日に開演した舞台「GO, JET!GO!GO!〜I LOVE YOUが言えなくて〜」で本格的に芸能活動を再開した。
2013年
* 2月1日公開の映画
「平嶋夏海」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月25日(日) 04:49UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 殺人鬼フジコの衝動

    藤田玲さんのファンに成り立てで、玲くんのお芝居が観たいと思い、観に行きました。 主演、フジコ役の新垣里沙さんの演技が本当に素晴らしく、アイドルとして活躍されている姿以上に『女優新垣里沙』で彼女のお芝居をもっと観てみたいと感じました。 平嶋夏海さん、彼女がAKBの方とは知らず、舞台女優さんだとばかり思っていました。もっともっと舞台の経験を積んで、良い女優さんになって欲しいと思います。 村田充さん、必用にフジコを追う演技、本当に素晴らしいの一言でした!こんな俳優さんがいらっしゃったのを初めて知りました!今後の御活躍をちょっと観てみたい俳優さんです。 志保さん、とても綺麗で立っているだけで絵になるくらい可愛らしい女優さん。今回の役、ユウヤに本当に愛される彼女にはちょっと嫉妬してしまいましたが、そう思ってしまうくらい惹きつけるお芝居をされていました。 出演されている役者さんが本当に素晴らしく、3回観劇しましたが、正直なところ自分の過去のトラウマを思い出してしまったのと、ちょっとだけムッとなる出来事がありましたので、評価は厳しくさせて頂きました。 余談ではありますが、藤田玲くん演じるユウヤくんに本気で抱かれたいと思ってしまうくらい、藤田玲くんと言う役者さんは素晴らしいお仕事をされていらっしゃるのだと改めて感じました。 初演も観てみたいと思うので、DVDを買おうと思います。 殺人鬼フジコの衝動、観るコトが出来て、本当に幸せでした! ありがとうございました☆

    茉莉花
  • 舞台「殺人鬼フジコの衝動」

    とにかくヘタ、ヘタさ加減が気になって舞台に集中できない。 パンフ見たらAKBとかだそうで、アイドルが「女優やりたい」と言うのはいいが、お金を貰って舞台に立つならきちんとレッスン積んででて下さい。 こっちはお金払って遠くから観にきてるのです。

    maruo
  • 舞台「殺人鬼フジコの衝動」

    以前、原作は読んでいたのですが、あまり内容は覚えていませんでした。 ただ題名からもわかるように暗くて陰惨な話だったことは覚えていました。 芝居は演出が素晴らしく、一人二役ではなく二人一役で物語が進行されるように見せて、結局二人二役だったというオチやカーテンコール後の終わり方など、今まで見たことがありませんでした。 演技も素晴らしく、今回が再演というのも頷けました。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

平嶋夏海 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み