楊琳(ヤンリン) のチケット情報

公演レビュー
  • OSK日本歌劇団

     高世さんのサヨナラ公演でした。昨年に見たポスターでなんとなく退団ではないかと思っていました。  日舞も洋舞も高世さんのサヨナラ仕様になっていました。日舞はどの場面も美しかったですね。楊貴妃の場面は東雲さんや雅さんがやったのを見たことがあって懐かしかったですね。  洋舞は中詰めが黒燕尾で高世さんのカッコよさが100%でした。OSKを愛していること,そして旅立つことを歌っているときは胸にじーんときました。  桐生さんの芸達者ぶり,朝香さんと緋波さんがしっかり締めていました。8月に退団発表した真麻くんにも温かい拍手がいっぱいでしたね。悠浦くんの休演があって残念でしたが,その分を虹架くんや愛瀬くん,華月くんが頑張っていましてね。ただ,昨年からトップクラスの娘役さんの折原さん,恋羽さん,和紗さんの退団があって娘役さんのスターさんの存在が薄いなあと思いました。楊貴妃の場面での城月さんの歌がとても素敵でした。彼女,この間「パリのアメリカ人」でヒロインをしています。彼女をもっと使ってほしいですね。  

    ちくちく
  • OSK日本歌劇団

    近鉄アート館に入った時、学校の文化祭みたい・・・と不安になりました。 客席数も少なくて、「あれ? 間違えたかな・・・」というのが正直な感想でした。 しかし、始まると何とも素晴らしい踊りと歌に引き込まれました。 楊琳さん、最高ですね。舞美りらさんの笑顔、まるで舞台が急に明るくなったようで素敵でした。悠浦あやとさん、イケメンです。 皆さん、素敵な舞台を有難うございました。 最後のハイタッチで撃沈・・・

    ピコ
  • OSK日本歌劇団

     OSKを見たのは,35,6年ぶりです。かっては奈良のあやめ池円形大劇場や近鉄劇場でやっていたのを足しげく見に行っていたものです。今回,何気なくOSKのホームページで岡山の公演を知って,2日間4回公演のうち都合がつく2回を観劇しました。  かっては「歌の宝塚,ダンスのOSK」と言われていましたが,この公演を見た限り,ダンスの迫力はともかく歌も聞かせてくれましたし,お芝居も分かりやすかったですね。今タイムリーな真田幸村の話を関が原から大坂夏の陣までをスピーディに分かりやすく2時間半ぐらいにまとめていました。  悠浦さんの幸村はすがすがしくて,熱くそして切なさを感じました。特に奥さんとの別れはとても切なさを感じました。楊さんの才蔵のパフォーマンスぶりは客席を巻き込んで楽しかったですし,幸村との友情もあって見ごたえがありました。遥花さんの切なさもじーんときました。香月さん,兄の信之が命乞いをする一人芝居の上手さ,大野治良のかっこよさ,最高でした。城月さんの佐助も娘役とは思えないくらいのパワフルさを感じました。ベテランの緋波さん,朝香さんの演技も素晴らしかったです。5日の15時公演の後,OSKのみなさんがお見送りで並ばれました。感動しました。  OSKの知名度が岡山ではほとんどありません。でも,この公演からもっと岡山で広まってほしいと思いました。私自身,時間があればまたOSKを見に行きたいです。

    ちくちく
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

楊琳 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み