仲野太賀(ナカノタイガ) のチケット情報

お気に入り登録する
仲野 太賀(なかのたいが、1993年2月7日 - )は、日本の俳優。スターダストプロモーション所属。東京都出身。同じく俳優である中野英雄の次男。元EBiDAN。

略歴
2006年、13歳の時に芸能界入りしテレビドラマ『新宿の母物語』で俳優デビュー。小学生の時にドラマ『WATER BOYS』に感動したことがきっかけで同作に興味を持ち、主演の山田孝之に憧れを持つ。映画『バッテリー』のオーディションに合格後、共演した林遣都が山田と同じ所属事務所だったことから関係者に直談判し、スターダストプロモーションと契約に至った。山田孝之とは後に映画『MONSTERZ モンスターズ』『 50回目のファーストキス』などで共演を果たしている。

2007年にはNHK大河ドラマに初出演し、2008年映画『那須少年記』ではオーディションを経て主演に抜擢され、劇中でナレーションにも挑戦した。その後は多くの映画やドラマ、CM、舞台などで活躍の場を広げる。

21歳になった2014年、第6回TAMA映画賞にて菅田将暉と共に最優秀新人男優賞を受賞。

2015年、桑村さや香脚本によるオリジナル月9ドラマ『恋仲』で主人公の友人役を担当。最終話ではTwitCastingに参加、ネット上で話題になった。ツイキャスがテレビ番組と連動するのは当時初の試みであった。

2016年、宮藤官九郎脚本のオリジナル社会ドラマ『ゆとりですがなにか』日本テレビ系で、ゆとりモンスター・山岸ひろむを演じて一躍脚光を浴びた。インタビューで宮藤は太賀の好演により山岸のキャラクターを成立できたと述べている。
同年7月クールにはTBS系ドラマ日曜劇場『仰げば尊し』で、パンチパーマにヒゲがトレードマークのアロハシャツを着こなす個性的な役を演じて反響を得た。また、芸歴10年の節目にあたり「なかなか認められず苦しかった、役を通じ知ってもらえて有り難い、ここからスタートだという気持ちもある」と胸中を明かしている。中川龍太郎監督の実体験に基づいた映画『走れ、絶望に追いつかれない速さで』で主演を務め、難役について太賀は「監督を見ていて、僕も作品のなかで戸惑いながら精いっぱい生きていけたらいいと思って、全力でやった」と撮影後に明かした。第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で最高賞に次ぐ審査員賞を受賞した『淵に立つ』に出演。深田晃司監督は太賀の演
「仲野太賀」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月31日(土) 23:45UTC
公式サイト
公演レビュー
  • M&Oplaysプロデュース「二度目の夏」

    岩松了作・演出の舞台。 シェイクスピアなどの古典と違って、 日本の現代劇で台詞も親しみやすい。 ドラマとしては、特別に大きな悲劇とかではないけれど、 こんなことが起こっても不思議ではないような事件。 独特の台詞回しと、 それによって作られる不思議な劇的空間が特徴なのか。 独特の劇的空間を楽しんだ時間でした。

    鈴村修
  • M&Oplaysプロデュース「二度目の夏」

    片桐はいりさんはもっと大きな人かと思ったのですが、体型は可愛らしくて少しびっくりしたけど、存在感は十分。 お芝居もとても楽しかったです。

    さちおく
  • M&Oplaysプロデュース「二度目の夏」

    片桐はいりさんの個性的、アドリブなの?と思う最高な芝居。

    6ちゃん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

仲野太賀 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み