Czecho No Republic(チェコノーリパブリック) のチケット情報

お気に入り登録する
Czecho No Republic
Czecho No Republic(チェコ・ノー・リパブリック)は、日本のバンド。現在のメンバーは武井優心、山崎正太郎(ex.ロマンス)、砂川一黄、タカハシマイの4人。所属レコード会社は日本コロムビア
(省略)。

概要
2010年に元Veni Vidi Viciousの武井優心とロマンス(ex.山崎正太郎)の2人を中心に結成された。もともとはバンドの活動休止によるスケジュールの穴を埋めるべく活動を続けた二人が後処理のために結成したもので、本人たちはいわば消化試合のつもりだった。

バンド名
“チェコ”という語感の響きの良さ、志向する音楽の方向性などから命名。

メンバー
武井 優心 (たけい まさみ、ボーカル・ベース)
: Veni Vidi Viciousの元ベーシスト及びThe Mirrazの元サポートベーシスト。
: ほとんどの楽曲の作詞作曲を手掛けている、バンドの中心的存在。
: ルーツミュージックはThe Strokes。
: 音楽にはまったきっかけのアーティストはスピッツ。中学生の頃に音楽番組に出演していた彼らを見て「自分もバンドを組みたい」と思い、そこから色々な音楽を聴いていくうちにパンクに出会ってそこで価値観が大きく変わった。THE HIGH-LOWSの甲本ヒロトと真島昌利が大好きで、彼らがインタビューで口にしているバンドを聴くようになり、「パンク以外はかっこよくない」、「アコギ使うなんてダサイ」と思っていた時期もあった。
: 初めてオリジナル曲を書いたのは高校生の頃で、当時のバンド仲間がギターで適当にコードを弾き、武井がメロディーをつけた。出来上がったものはラモーンズのようなポップパンク風の曲だった。それ以降は全く曲作りをしていなかったが、前バンドの頃からまた曲を作り始め、それを初めて人に聴かせたのはチェコが活動開始する時だった。高校時代は赤髪がトレードマーク。また、3年間ラグビー部に所属していた。
: 2014年5月、『AXドリンクバイトをクビになった武井がついに演者として帰ってきた!最初で最後!武井のAX帰還ギグ!〜そして伝説へ〜』というタイトルのワンマンを開催。
: Veni Vidi Viciousのベーシスト時代はアフロヘアーだった。好物は納豆とガリ。タマキンが側転し病院にて診察経験あり。AVに詳しい。おすすめは、一ノ瀬アメリと言って
「Czecho_No_Republic」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月11日(月) 06:15UTC
公式サイト
公演レビュー
  • Czecho No Republic

    初夏の野外ほど、チェコに似合うものはないんじゃないか。 大阪のラジオ局にちなんだ低価格となったため、ステージ後方のフラッグや飾りも以前どこかで使ったもの。 客席中央にも小さなステージを設置し、芝生エリアいっぱいに入った観客へ配慮もされていた。 聴いていて心が踊り、そして心が暖かくなるチェコの音楽やメンバーの人柄が感じられる最高のライブだった。

    あお
  • 音流大演会2017

    ロックバンド、リズム歌謡、アイドル 垣根のない構成が良かった 特に忘れらんねえよフィルハーモーニー交響楽団がなんかよかったよ

    MOTOCHANCHAN
  • BAYCAMP 2016

    とても楽しいフェスでした、川崎競馬近くから無料シャトルバスも出ていて行きやすかったです。ただ人が多いので乗れるまでには時間がかかりますが…当日は雨が降ったりやんだりしたのでカッパは必須でした。また雨宿りできる場所がとてもすくないのでテントを用意すれば良かったと思いました。

    ちぃbaycamp
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

Czecho No Republic のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み