稲葉友(イナバユウ) のチケット情報

お気に入り登録する
稲葉 友(いなば ゆう、1993年1月12日 - )は、日本の俳優、ラジオパーソナリティー。神奈川県相模原市出身。身長175cm。レプロエンタテインメント所属。

略歴
* 2009年11月、周囲からの推薦をきっかけに応募した第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞。当時高校2年生の16歳。過去最多の1万5491人の中からの受賞であった。
* 2010年、テレビドラマ『クローン ベイビー』で俳優デビュー。
* 2011年、舞台『真田十勇士〜ボクらが守りたかったもの〜』で初主演。
* 2014年12月『仮面ライダードライブ』で詩島剛 / 仮面ライダーマッハ役でレギュラー出演。
* 2016年、BSスカパー!ドラマ『ひぐらしのなく頃に』で連続ドラマ初主演。
* 2016年、HiGH&LOWのドラマ&映画に出演。

人物
*趣味:観劇、漫画、掃除、音楽(バンド経験あり)、麻雀、DIY、お笑い鑑賞、歩く、写真を撮る、落語を聴く
*特技/資格:野球、バスケットボール、ハンドボール、逆立ち、歌、殺陣/普通自動車免許
*好きな食べ物は肉(特に赤身肉)。嫌いな食べ物はトマト。
*芸能活動前から同級生らとバンドを組んでおり、多くのインタビューで役者と音楽活動を両立したいと語っている。
*兄が二人いる。

エピソード
高校時代の担任、及び所属していたハンドボール部の顧問は、俳優の頃に『魔法戦隊マジレンジャー』でヒカル/マジシャイン役だった市川洋介だったため、実はライダーよりも戦隊ヒーローが好きだった。

『仮面ライダー ドライブ』関連

* 稲葉は『ドライブ』出演以前にも毎年仮面ライダーのオーディションを受けていて最終選考まで残ったこともあり、『ドライブ』主演の泊進ノ介役オーディションにも参加していた。チーフプロデューサーの大森敬仁は起用の理由として、芝居的・人間的に成長したことを挙げており、進ノ介役オーディションの時とは人が変わったようであったと述べている。
* 番組後半での剛の演技では、設定を知らされたのみで含みのある演出の中で感情表現も要求され、苦心したが勉強になったとしている。

出演
テレビドラマ
* クローン ベイビー(2010年10月8日 - 12月17日、TBS) - 小津悟志 役
* クローバー(2012年4月13日 - 6月29日、テレビ東京)
「稲葉友」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月16日(日) 12:19UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 私の人生なのに

    知英さんのファンなので観に行きました。 新体操のスター選手として期待された瑞穂がある日突然病気で下半身の自由を失い、絶望から周りの人達に助けられながら希望を掴むまでのストーリーです。 前半は障害を負うことでの本人や両親の苦しみや日常生活での苦労が細かく描かれています。 その後、幼なじみ淳之介が現れ淳之介なりに瑞穂を絶望から救いたい一心で楽しいから一緒に歌おうと付きまとい、それを気の強い瑞穂は始めは反発しながらも、思いが通じて行く… 障害を扱っていますが悲観的ではなく、かと言って一発逆転でもない。原監督が誰にでも当てはまることとして描いています。暗くなりすぎず、かといって安直でもなく、笑えるセリフや場面も織り混ぜながら描かれた作品です。

    よっしゃラッキー!
  • 私の人生なのに/初日舞台挨拶

    上映前でしたから、なかなかイメージが湧きませんでしたが、淳之介役の稲葉友さんとの掛け合いでヤキモチやきましたが、映画見て撮影での雰囲気がわかりました。本田さんとの向き合い方もまじめさゆえみずほへの想いを止められなかった意味がわかりました。事前に見れて嬉しかった。

    タケチン21
  • 私の人生なのに/初日舞台挨拶

    知英は、色々こなせて、才能が有り、努力している姿が微塵も感じない所が良い。愛嬌はあるし、劇中での歌は感情がこもり涙が出てしまった。観るのは2回目でストーリー知っていたのに、グッとくる歌声である。稲葉君も好青年で、監督を常にフォローしている所が伺え役とマッチしています。教師役できれば良いですね。舞台もやったら良いのでは!

    N-PUYO
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

稲葉友 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み