志田未来(シダミライ) のチケット情報

お気に入り登録する
志田 未来(しだ みらい、1993年5月10日 - )は、日本の女優である。神奈川県出身。研音所属。

略歴
(省略)
1999年
* 6月 セントラル子供劇団入団。
2000年
* 9月、TBS『永遠の1/2 第3話』でドラマ初出演。
2002年
* 『借王ファイナル』で映画初出演。
2005年
* 7月、日本テレビ『女王の教室』で民放連続ドラマ初レギュラー出演。
2006年
* 4月 研音に移籍。
* 10月、日本テレビ『14才の母』で連続ドラマ初主演。
2009年
* 1月、『誰も守ってくれない』で映画初主演。
2010年
* 2月、エランドール賞受賞。
* 7月、日本テレビ『ハンマーセッション!』で5年連続民放プライムタイムの連続ドラマに主演。
* 7月、『借りぐらしのアリエッティ』で声優初挑戦にして映画主演。

受賞
* 第33回日本アカデミー賞 新人賞(『誰も守ってくれない』)
* 第44回ギャラクシー賞 奨励賞(『14才の母』)
* 第15回橋田賞 新人賞(『14才の母』)
** 第11回で受賞した上戸彩の最年少記録17歳を大幅に更新する13歳での受賞。
* 2010年エランドール賞 新人賞(『誰も守ってくれない』、『さくら道』、『黒部の太陽』、『小公女セイラ』)
* TV LIFE 2006年間ドラマ大賞 主演女優賞、新人賞(『14才の母』)
* ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞(第46回『女王の教室』)
* ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(第58回『正義の味方』、第63回『小公女セイラ』)
** 10代で2度の受賞は史上初。

人物
* かなり人見知りをするが、元来面白い子。
* 自他共に認める偏食であり、好き嫌いが多い。好きな食材のひとつにツナを挙げており、(省略)特定のメーカーの商品一辺倒であった。現在はどのメーカーの商品も食するが、食べ方には独自のこだわりを持っている。芸能界でも屈指のツナ好きであると自負、公言している。
* 小学生時代は放送部、中学はバドミントン部(しかし、バドミントンのサーブが出来ない)に所属した。高校では風紀委員を務めた(省略)。

* (省略)考えた『ドラえもん』の「源静香」役で1位、『サザエさん』の「ワカメちゃん」役で2位に選ばれた。

出演
テレビドラマ
* 永遠の1/2 第3話(200
「志田未来」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年07月18日(木) 09:28UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 『伊藤くん A to E』公開記念舞台挨拶

    木村文乃さん、佐々木希さん、志田未来さん、夏帆さん、池田エライザさん、5人すとも大好きな女優さんなので、数ヶ月前からとても楽しみにしていたのですが、今回のチケットの販売方法は抽選方式が無く先着順の一発勝負だったので、購入前まで結構ドキドキしていました。 運良く購入することが出来たのは本当にラッキーでした。 しかも前から5番目の席だったので女優さん達を目の当たりすることが出来て最高でした。 勿論、今年一番の出来事でした。 ストーリーも思っていたよりはずっとシリアスだったので安心して見る事が出来ました。 良かったです。

    レガッタ
  • 『泣き虫ピエロの結婚式』初日舞台挨拶

    志田さんの舞台挨拶を気軽に楽しめてよかったです。映画もなかなかの内容で、今月の激戦の10日や17日を避けてよかったです。なかなか掘り出しものでよかったです。

    イサオン
  • 『泣き虫ピエロの結婚式』初日舞台挨拶

    初日舞台挨拶に参加させていただきました。 撮影の裏話やそれぞれが思う観どころ、貴重なお話が聞けました。 また、WHITE JAMさんが主題歌をアコースティックver.で歌ってくださいました。 映画終盤では涙してしまうことが多々ありました。 ですが、悲しいだけの物語で終わりませんでした。 ネタバレになってしまうのであまり書けませんが…感動した、という言葉で片付けてしまうのは本当に勿体無い、でもどんな言葉でも表現できないような暖かい笑顔を残してくれました。 ぜひ、たくさんの方に観て欲しい映画です。

    まゆ子
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

志田未来 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み