永島昭浩(ナガシマアキヒロ) のチケット情報

お気に入り登録する
永島 昭浩(ながしま あきひろ、1964年4月9日 - )は兵庫県神戸市出身の元サッカー選手で、サッカー解説者、スポーツキャスター。元サッカー日本代表。

来歴
小学4年からサッカーを始め、御影工業高校時代は1年からインターハイ出場、1、2年時には全国高校選手権出場。3年では兵庫県選抜入りし、島根国体で優勝。

高校卒業後の1983年、松下電器産業サッカー部(現:ガンバ大阪)に入団。4年目からポジションを奪い、水口洋次監督退任直前の1991年元日には天皇杯獲得。この頃から彫りの深いエキゾチックな顔立ちやFWとしてのプレーぶりが注目されるようになった。日本代表にも選ばれ、国際Aマッチには4試合出場。1993年のJリーグ開幕では浦和戦で初勝利に貢献。6月5日、神戸ユニバー記念競技場で行われた名古屋戦にてハットトリックを達成。これがJリーグ日本人選手のハットトリック第1号となった(Jリーグのハットトリック第1号はジーコ)。同じく神戸ユニバーで開催の初のJリーグオールスターサッカーではJ-WESTエメルソン・レオン監督の期待に応えゴール記録し敢闘賞。

1994年シーズン開幕前に清水エスパルスに移籍。直後の開幕戦にて決勝点を挙げる。オールスターでは2年連続得点でMVP。

阪神・淡路大震災に見舞われ、自宅もこれによって全壊となった1995年、そのシーズン途中、「神戸を勇気づけたい」と当時ジャパンフットボールリーグ所属でJリーグ準会員のヴィッセル神戸に移籍。Jリーグの強豪クラブのエースが、下部リーグに移籍したことで当時話題になった。1996年はチームのJリーグ昇格に貢献する活躍を見せ、「ミスター神戸」としてチームを牽引した。

1997年には、後期の第12節アウェイ(テクノポート福井スタジアム)の市原戦で自身2回目となるハットトリックを達成する。22ゴールで得点ランキング3位タイ、日本人では単独1位を記録する。

2000年末、現役引退。引退試合では(翌年から神戸でプレーする)三浦知良擁する京都相手にゴールも決めた。以後、彼の背番号「13」は播戸竜二、大久保嘉人、我那覇和樹、小川慶治朗とエースストライカーが背負っている。引退後はヴィッセル神戸の技術アドバイザー、日本サッカー協会のJFAアンバサダーとして後進の指導に当たる傍ら、スポーツコメンテーターとしてフジテレビ系列、CS放
「永島昭浩」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月19日(水) 03:57UTC
公式サイト
公演レビュー

全0件を見る

まだレビューがありません レビューを投稿する

アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

永島昭浩 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み