藤田真央(フジタマオ) のチケット情報

お気に入り登録する
藤田真央
(c)Shigeto Imura
藤田 真央(ふじた まお、1998年11月28日- )は、日本の男性ピアニスト。東京音楽大学付属高等学校卒業。東京音楽大学特別特待奨学生としてピアノ演奏家コース・エクセレンス在学中。ヴィルトゥオーゾユースオーケストラ首席客演ソリスト。

人物・来歴
3歳よりピアノを始め、17歳まで松山優香と松山元に師事した。2013年12月に、津田ホール(東京都渋谷区駄ヶ谷)にて、初めてのリサイタルを開催。以降、国内各地をはじめ、ポーランド、ドイツ、イタリアなどで定期的に演奏を行うほか、ショパン国際音楽祭(ポーランド)、世界のアッシジ音楽祭(イタリア)、バート・ラガッツ次世代音楽祭(スイス)などの音楽祭に招待されリサイタルを行っている。国内においては、これまでに、小林研一郎、現田茂夫、飯森範親、大友直人指揮のもと、読売日本交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、ヴィルトゥオーゾユースオーケストラ等のオーケストラと共演している。現在、ピアノを鷲見加寿子、野島稔に師事。ソルフェージュを西尾洋に師事。2015年末に第1回、2016年4月に第2回ヴィルトゥオーゾユースオーケストラのソリストとして招待された。

受賞歴
*2009年 - 第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会グランプリ。「世界クラシック2010」(台湾)へ日本代表として出場、ジュニア部門第1位。
*2010年 - 第64回全日本学生音楽コンクール小学校の部東京大会第1位および全国大会第1位。併せて野村賞、井口愛子賞、音楽奨励賞、横浜市民賞(聴衆賞)を受賞。
*2013年 - 第5回ロザリオ・マルチアーノ国際ピアノコンクールにおいて日本人初の第1位、併せてワーグナー・ヴェルディ賞を受賞 (オーストリア)。
*2015年 - 第1回若い音楽家のための珠海国際モーツァルトコンクールピアノ部門グループBで第1位 (中国)。
*2016年 - 第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第1位受賞。ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクールジュニア部門第3位 (アメリカ合衆国)。
*2017年 - 第27回クララ・ハスキル国際ピアノコンクール第1位 (スイス)。併せて聴衆賞などの3つの特別賞受賞。日本人では河村尚子以来3人目の優勝。
*2019年 - 第16回チャイコフスキー国際コンクールピアノ部門にて第2位 (ロシ
「藤田真央」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月09日(金) 08:48UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 藤田真央(p)

    ロマン派の比較的有名な曲を中心としたプログラム。前半、ベートーヴェンのテンペストは絶品。後半はショパンのみのプログラムで、個人的にはバラード4番が特に素晴らしいと感じました。 真央さんの弱音の美しさ、独特の軽やかさ、多彩な音色、素晴らしいテクニックを十分に楽しめました。 アンコールはショパンのマズルカop.63-3。その後マイクを持たれ、「マイクが置いてあって、喋らなきゃいけないみたいなので…」とお話しを始められました。プログラムに関しては、「割と有名曲?聴きやすい曲?を持ってきました。後半は特に気に入っていて、とても弾き心地が良かった。聴き心地はどうでしたか?」となどと仰って、何度も大きな拍手が起きました。お話しもとっても楽しかったです。最後に「チャイコフスキーで2位をいただいて、やはりロシア物を求められるので」と、スクリャービンのエチュードからop.8-12を弾かれ、終演となりました。 ホールは失礼ながら正直そこまで期待していなかったのですが、後方中央の席での鑑賞は満足でした。木の使われた温かい雰囲気のあるホールで、愛知県から参りましたが、また来てみたいなぁと思いました。前の座席との間隔が狭目で、座っている方がいると通りにくいことがたまにキズでしょうか。 満席でしたし、お子さんもいたことからか、ときどき客席の雑音が気になりましたが、仕方ないのでしょうね…。でも、鈴のついたものとアラーム付き腕時計は持ってこないでほしいです。 とにかく演奏は素晴らしくて、大満足です。終演後のサイン会も大盛況でした。

    mimi_km
  • 仲道郁代ピアノ・フェスティヴァル vol.2

    素敵なコンサートでした。とても楽しかったです。一部では、5人と2人の演奏者。 二部では、5人ずつの演奏者。でした。いいピアノといい演奏者。至福の時間でした。 面白いことに、周りの席の低学年らしい子供たちが、飽きたり退屈そうなのに、 演奏が始まりますと、前のめりになって、集中して聴いていました。 音楽って、すごい!

    三階席
  • 藤田真央(p)

    今日は、ピアニストの有美子さんと浜離宮朝日ホールの藤田真央ランチタイムコンサートに行って来ました。藤田さんは先週日曜日の東京交響楽団定期公演の「赤道コンチェルト」を聴いたばかり。 ランチタイムに相応しく大曲は無く軽めの選曲で藤田君本人も自画自賛していました。やはりショパン/即興曲第4番「幻想」は親しみ易い良い曲です、スクリャービンはソナタ白黒ミサ以外は滅多に聴かない曲ですが今回の2番も幻想的な魅力ある楽曲でした、藤田君は若干二十歳ですが既に大人のテクニックで安心して聴いていられます、アンコールはリスト/愛の夢第3番でした。 終了後、10年前に3年いた久しぶりの築地へ、築地場外市場で「はいばら」の特上鰻、「すしざんまい」でお寿司ざんまいの食べ歩きで一週間のダイエットが不意に成りました

    山下 亨(ラビ)
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

藤田真央 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み