藤田真央(フジタマオ) のチケット情報

お気に入り登録する
藤田真央
(c)Shigeto Imura
藤田 真央(ふじた まお、1998年11月28日 - )は、日本のピアニスト。東京音楽大学付属高等学校卒業。東京音楽大学ピアノ演奏家コース・エクセレンス在学中。
ヴィルトゥオーゾユースオーケストラ首席客演ソリスト。

経歴

* 2009年 - 第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会グランプリ。「世界クラシック2010」(台湾)へ日本代表として出場、ジュニア部門第1位。
* 2010年 - 第64回全日本学生音楽コンクール小学校の部東京大会第1位、全国大会第1位。併せて野村賞、井口愛子賞、音楽奨励賞、横浜市民賞(聴衆賞)を受賞。
* 2013年 - 第5回ロザリオ・マルチアーノ国際ピアノコンクールにおいて日本人初の第1位、併せてワーグナー・ヴェルディ賞を受賞。
*: ナクソスよりデビューアルバム『ラフマニノフ: 楽興の時/三善 晃: ピアノ・ソナタ/他』をリリース。
* 2015年 - 第1回若い音楽家のための珠海国際モーツァルトコンクール ピアノ部門グループBで第1位。
*: セカンドアルバム『ワーグナー=リスト: 歌劇「タンホイザー」序曲』をリリース。
* 2016年 - 第20回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第1位受賞。アメリカ・ジーナ・バッカウアー国際ピアノコンクール第3位。
* 2017年 - 第27回クララ・ハスキル国際ピアノコンクール第1位。
*: 併せて聴衆賞などの3つの特別賞受賞。
*: 日本人では河村尚子以来、3人目の優勝。

2013年12月に津田ホールにて初めてのリサイタルを開催、以降国内各地をはじめポーランド、ドイツ、イタリアなどで定期的に演奏を行うほか、ショパン国際音楽祭(ポーランド)、世界のアッシジ音楽祭(イタリア)、バート・ラガッツ次世代音楽祭(スイス)などの音楽祭に招待されリサイタルを行っている。
国内においては、これまでに、現田茂夫、飯森範親、大友直人指揮のもと、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、ヴィルトゥオーゾユースオーケストラ等のオーケストラと共演し、演奏経験を積んでいる。

2013年、14歳にてナクソス・ジャパンより、「ナクソス・クレッシェンド」という若い世代の音楽家のための新しいレーベル第1号として、デビューアルバム「MAO FUJITA」(NYCC-10001)をリリース。(ベートーヴェン/ピアノ
「藤田真央」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年04月19日(木) 08:28UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 藤田真央(p)

    今日は、ピアニストの有美子さんと浜離宮朝日ホールの藤田真央ランチタイムコンサートに行って来ました。藤田さんは先週日曜日の東京交響楽団定期公演の「赤道コンチェルト」を聴いたばかり。 ランチタイムに相応しく大曲は無く軽めの選曲で藤田君本人も自画自賛していました。やはりショパン/即興曲第4番「幻想」は親しみ易い良い曲です、スクリャービンはソナタ白黒ミサ以外は滅多に聴かない曲ですが今回の2番も幻想的な魅力ある楽曲でした、藤田君は若干二十歳ですが既に大人のテクニックで安心して聴いていられます、アンコールはリスト/愛の夢第3番でした。 終了後、10年前に3年いた久しぶりの築地へ、築地場外市場で「はいばら」の特上鰻、「すしざんまい」でお寿司ざんまいの食べ歩きで一週間のダイエットが不意に成りました

    山下 亨(ラビ)
  • 日本フィルハーモニー交響楽団

    「男はつらいよ」の満男役を中村はやと君から引き継いだ頃の吉岡秀隆そっくり、とても19歳とは思えないかわいさが女性の母性をわしづかみしそうな藤田真央が「皇帝」のソロをとった前半。同じ歳だった時のチョ・ソンジンの鍵盤をハンマーでぶっ叩くような弾き方とはおよそ対極の、優しくきれいなタッチが外見から想像していた通り。クララ・ハスキルという女性ピアニストを記念したコンクールで優勝しただけあって、ある意味フェミニンですらある。アンコールに弾いたショパンのノクターンは遺作として知られる20番。これが絶品だった。そして後半のオケプロはご存じマエストロ・コバケンの十八番であるチャイコの5番。何しろいわば手兵とも言うべき日フィルとさんざんやりつくしてきたナンバーゆえ、思いっきり磨きがかかり、現在日本のオケでこれをやらせたら右に出るものなしの完璧な出来。海外の一流オケにもまったく引けを取らない。まだ同楽団が未熟だった頃からかれこれ30年聴き続けてきて、当時はまだ若かった広上”師匠”淳一が徹底的に鍛えしごいて今日に至る土台を懸命に築いていた頃からすると、まさに文字通り隔世の感。今や日フィルの常連指揮者として何がしかの称号を与えられているマエストロたちとは、阿吽の呼吸で素晴らしい名演を確実に聴かせてくれるオーケストラになった。なおこの日のアンコールはロンドンデリー・エア。満場のスタンディングオベーションとブラボーの嵐の締めくくりとなった。あらためて、ブラヴォーの賛辞を送りたい。

    尾崎豊
  • STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018

    まず、このようなイベントが行われたことに意義があるのだと思った。 正直、もっと混んでいるかと思ったけれど、聴きやすい人数だった。 スタンド券だったけれど、音はマイクから聴こえるだけなので、それでよかったと思う。 フェスということで、時期は考えられていたと思うが、日差しが強いし暑かった(アーティストの人も言っていた)。 日傘が禁止だということに気付かなかったので、場内で最初の公演前、直接注意されたけれど、時間が後になったら、他の人が注意されていない様子だったし、撮影禁止とかの注意も含め、場内放送がないため、かなり写真を演奏中撮影している人を見かけた。 (何故か反田さんの公演前は肉声で前の方で注意していた) 音質の部分は期待できなかったが、有名アーティストが近くに感じられる良さは、とてもよかった。 帰宅の都合で17時までしか見られなかった中で印象に残った演奏は、反田さんと牛牛(ニュウニュウ)さんと三浦さんのステージ出演者全員と歌手の皆さん。 気軽でいいイベントだったけれど、雨だったら行かないかも知れない(音響がより悪くなりそうだし)。 ただ、今年に限って言えば、かなりお得だった。曲目も有名なものが多かった。

    まるめ
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

藤田真央 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み