lyrical school(リリカルスクール) のチケット情報

お気に入り登録する
lyrical school
lyrical school(リリカルスクール)は、日本の女性ヒップホップアイドルユニット。略称は「リリスク」。BootRock所属。レーベルはCONNECTONE(ビクターエンタテインメント)。

概要
2010年10月に「tengal6」(テンギャルシックス)として結成。ヒップホップライターの高木"JET"晋一郎は、音楽ナタリーの連載「the scene of RAP IDOLS」(2018年)において、翌2011年に結成されたライムベリー(RHYMEBERRY)とともに、ラップアイドルの嚆矢かつ2大グループと評している。

結成のきっかけは、プロデューサーのキムヤスヒロやデザイン担当のmza(masataka yoshida)などが制作していたフリーマガジン「NEWTRAL」の企画。キムはこれらの経緯をまとめた「ヒップホップアイドルのプロデュース」を大学の卒業制作として提出した。

2012年8月、T-Palette Recordsへの移籍に伴い現在の「lyrical school」に改名。9月17日に新宿MARZで行われた「アイドルラップナイト」でライムベリーとツーマンライブを行う。なお、同年10月にはライムベリーがT-Palette Recordsに移籍(2015年離脱)、レーベルメイトとなるが、以後この2組でのツーマンライブは行われておらず、RHYMEBERRYが2019年5月末をもって解散することから、これが唯一となった。また、2015年11月には元ライムベリーのMC HIMEこと持田妃華が「hime」としてlyrical schoolに加入している。

2016年にはキングレコードからメジャーデビュー。同年4月にリリースされたメジャー1stシングル「RUN and RUN」は、MVがスマートフォン視聴に特化された縦型のものとして話題になる。またこのMVは、2016年 「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」サイバー部門銅賞を受賞した。

しかし、2017年2月にtengal6からのオリジナルメンバーであったayaka・ami・meiが卒業、キングレコードとの契約も終了。残ったminan・himeとオーディションにより加入したhinako、yuu、risanoの5人により、5月21日のワンマンライブより新体制がスタート。同年8月にm
「Lyrical_school」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月24日(金) 14:10UTC
公式サイト
公演レビュー
  • lyrical school

    いまイチバンおもしろいアイドルグループ。元々定評のある楽曲に加え現体制になって2年。ここに来てグッと増したステージスキル。 六月にメジャーデビューも果たし、この日はメンバーhimeさんの地元川崎での凱旋ライブ、しかも場所は名門CLUB CITTA’ 川崎。 客入れBGMから日本語ラップ好きも唸るレペゼン川崎選曲。一曲目から気合い入りまくりのステージで、前半戦のヤマ人気曲『プチャヘンザ!』でこの日一度目の大盛り上がり。 その後中盤の比較的聴かせるパートあり後半からはパーティーチューン、人気曲のオンパレード。特に『秒で終わる夏』以降のサマーソング連続5曲は梅雨を吹き飛ばす会場爆破の大盛り上がり。 アンコールでは趣向を凝らした演出もあり、終わってみればほぼほぼMC無しの全30曲。 カワイイとカッコイイが交互に訪れる自由なステージは独自の進化を遂げ成長し続ける。

    oku_
  • lyrical school

    最初にリリスクのライブを観てから、まだ半年くらいだと思いますが、その間にもパフォーマンス力が格段にアップしています。メンバーみんなの表現力が増していて、伸び盛りというか何と言うか。 hiphopらしくメンバーが自由にやりたい放題のラップしていたかと思えば、瞬時に5人で揃ってダンスしたりと見どころ満載。とにかく今日のライブは凄かったです。 まだまだ伸びしろがあるリリスク。ぜひ注目してください。

    かっちゅん@日々是好日
  • やぐフェス2018~黒と白の交わる場所~

    最高でした

    かなっち
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

lyrical school のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み