五十嵐裕美(イガラシヒロミ) のチケット情報

お気に入り登録する
五十嵐 裕美(いがらし ひろみ、1986年12月13日 - )は、日本の女性声優。マウスプロモーション所属。北海道札幌市出身。

代表作は、アニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』(双葉杏)、『パパのいうことを聞きなさい!』(小鳥遊ひな)、『奇異太郎少年の妖怪絵日記』(奇異太郎)、『AMNESIA』(オリオン)、『ブレイブウィッチーズ』(エディータ・ロスマン)、ラジオ『ゆきんこ・りえしょんのいちごまみれだよ〜』など。(省略)

来歴
TVアニメ『デ・ジ・キャラット』で沢城みゆきを知ったことが一番のきっかけとなり、声優を目指し始めた。中学生の頃には堀江由衣のファンクラブ「黒ネコ同盟」に入会、声優雑誌を購入するなどのオタク活動に精を出しており、その様子を見ていた母に「そんなに好きなら目指してみれば?」と声優を勧められた。
高校では放送部に入っていたが、人前で話すことは苦手であったため、クラス委員を始めたり、総会議長をやってみたりと、できるだけ人前で話すきっかけを作って慣れるように努力を重ねた。

2007年から開催された、『ぷちこ声優オーディション』の最終選考候補者に選ばれ、大学と並行して週1の養成所に通い、その後マウスプロモーション附属俳優養成所(第22期生)に入所した。

2008年テレビアニメ『AYAKASHI』子供役、ゲーム『タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES』ロール役でデビューする。2009年よりマウスプロモーションに正式に所属。

人物
愛称について
デビューしたての2008年、TVアニメ『狂乱家族日記』の現場で喜多村英梨から名付けられた。「色白いね。北海道出身なの?じゃあ、ゆきんこだね。」という喜多村からの言葉が由来である。人見知りであまり共演者と話せず萎縮していた五十嵐であったが、このように気さくに話しかけられたことをきっかけに喜多村と大の仲良しになった。

声優活動
* ゲーム『GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-』では、声色や口調がめまぐるしく変わるジャック・オーを担当。脚注のリンク先で聞けるように、文節とは無関係な位置で、幼い少女ボイスから大人の女性ボイスへと徐々に変化するという演技も難なくこなしている。(例:「断片化され"た"記憶と性格の情報が不安定ね。」→"た"を境に変化
「五十嵐裕美」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月31日(土) 15:48UTC
公式サイト
公演レビュー
  • MATSUIGA SUMMER BATTLE 令和元年

    丁度よい良い会場で楽しく見れました。五十嵐さんが可愛く引きつづき応援したいと思っています。

    カタハ
  • 君と、徒然/舞台挨拶

    この映画で、まず感心したのは、期間限定の公開映画にも関わらず、14日で上映終了になる映画の舞台挨拶を、上映終了の3日前に実施することです。この映画は、3話の構成ですが、やっぱり舞台挨拶にも登壇した木戸さんとましのみさんが出演した2話が、一番良かったです。木戸さんは、この映画のブルーレイの発売イベントにも、出演されるらしいので、チェックしてみてください。木戸さんは、この映画にはかなり思い入れがあるみたいなので、関西の木戸さんのファンは、この映画は外せません!!

    全国放浪の大ちゃん
  • ポプテピピック スペシャルイベント ~POP CAST EPIC!!~

    千葉幕張メッセイベントホールで2日間に渡って行われたポプテピピックのイベント。初日に行きました。 当日昼前くらい?に「キャパを見誤った」せいで当日券販売…ポプテピピックらしい対応と言える。 ペアでの生アフレコや、歌パート、大御所(古川さんと神谷さん)によるトークショーなど、内容盛りだくさんでした。 あとは某企業に訴えられないことを祈るのみ。版権管理が厳しいところなので、大変だと思いますが…。 ただ、3時間半は長い。

    あんどーさん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

五十嵐裕美 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み