アグレミーナ浜松(アグレミーナハママツ) のチケット情報

お気に入り登録する
アグレミーナ浜松
アグレミーナ浜松(アグレミーナはままつ)は、日本の静岡県浜松市をホームタウンとする、日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟するフットサルクラブ。

概要
1996年、磐田市田原地区を本拠として元Jリーガーらが中心となって現在のクラブ母体を設立し、2002年より「田原フットサルクラブ」として活動。2011年までは東海地域リーグ1部にて活動していた。

2012年1月、Fリーグへの進出を目的として新たに運営会社「アングイア浜松」を設立して浜松市に移転。ちなみに、「アングイア」はイタリア語でウナギという意味である。「アグレミーナ」はスペイン語の「アグレッシヴォ(攻撃的)」+「レイ(王様)」+「ミーナ(たくさんの宝物)」の3語を足してできた造語である。2015年末には運営母体がAnguila浜松から株式会社AGREYに変更された。

歴史
Fリーグ参入まで
準会員決定から1ヶ月後の同年2月16日にFリーグ正式加盟が決定。これにより2012-13シーズンのFリーグより参加することとなった。これは、これまで参加していたステラミーゴいわて花巻が予算難のため2011-12シーズンで撤退になったことと、アグレミーナ浜松の本拠地となる浜松アリーナがリーグ規定のキャパシティーやコートサイズを満たしていることなどのFリーグ正会員のための条件を満たしているためで、準会員リーグを戦わず、目標より1年繰り上げでのFリーグ昇格となった。

2012-13シーズン
2012年、前身の田原FCからの若手と中堅選手を中心に、攻撃の要として元オランダ代表のオマー・ニージャーリ、守備の要としてステラミーゴいわて花巻から中島涼太を補強、元Jリーガーの山本浩正(ジュビロ磐田、セレッソ大阪等)、笠井健太(鹿島アントラーズ)も加入するなど話題を呼ぶ。しかし、東海リーグ1部中位のチームを基盤にしたこともあり、他チームとの戦力差は明らかとなる。

2012-13シーズン開幕前にマリオフットサルスクールのコーチを務めていたブラジル人の「ゼゴ」ことアントニオ・ジョゼ・アゼベドを監督に起用しようとしたが交渉が決裂。急遽前田健一が監督を続投することとなった。2012年10月の中断期間中に再び同様の交渉を行ったがまたも決裂。後に2012-13シーズン内はそのままの体制で戦い抜くことを発表した。

2013-14シーズン
2013
「アグレミーナ浜松」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月30日(日) 03:17UTC
公式サイト
公演レビュー
  • Fリーグ2013/2014 powered by ウイダーinゼリー 第14節

    全試合楽しみましたが、残念なことがひとつ。 プレミアシートを買って、当日チケットを引き替えて、座席番号を確認し、 用事があったので、暫く会場を後にしました。 戻って席に着こうとすると、誰かの荷物があり、係員に確認すると、 ぴあとセブンイレブンのチケットがダブっており、プレミアシート内は 自由席になったとのこと、プレミアシート内は空いていたので、 座れないことはなかったが、何一つ説明もなく係員の学生の話しか 聞けなかった。運営側から何の説明もなく、お詫びの言葉の一つもなく、 こんな事でいいのだろうか? 非常にがっかりしら。

    F_マニア
  • Fリーグ2012 powered by ウイダーinゼリー 第19節

    名古屋オーシャンズのリカルジーニョ選手のプレーは、魅力的です。

    shimazu
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

アグレミーナ浜松 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み