株元英彰(カブモトヒデアキ) のチケット情報

お気に入り登録する
公演レビュー
  • アニメ「風が強く吹いている」先行上映イベント

    三浦しおんの原作であること、事前に公開されたキャラクターのビジュアルが好みだったことで先行上映会に足を運んでみた。素直にこの作品は私の中で「MUST!」だと感じている。ストーリーの構成がうまく、例えば冒頭の部分の説明が、後の場面で効果的に語られたり、寮生それぞれの紹介も、観る側が一瞬でキャラを捉えることができたり、また、彼らの関係性も、それぞれが抱えるバックグラウンドも、わずか2話の間に入れこまれている。ただ単純に駅伝をやるか否かだけでストーリーを引っ張るスポ根ものではなく、今後彼らがなぜ走ることを決め、どのような成長をしていくのかを楽しんで、最後まで見続けていこうと決めた。 上映後のトークショーで語られた収録現場のエピソードは、そのまま竹青荘の雰囲気を醸し出していた。ムサ役の株元さんの役柄とのギャップに驚きつつも、声優の方々の技量には改めて魅了された。建物の中から外に出た瞬間に、風がすっと吹いたなら、私もきっと「風が強く吹いている」と呟いてしまうだろうと思う。

    marya
  • アニメ「風が強く吹いている」先行上映イベント

    今までにない駅伝を題材にした内容で新鮮。 アニメとは思えない疾走感や臨場感はもちろん、キャラクター一人一人の個性がとても面白く魅力的に描かれていてあっという間にその世界観に引き込まれる作品だった。キャスト陣もベテランから新人まで幅広くキャスティングされているのに、それを感じさせないアットホームな収録現場の空気感そのままを音声化した感じ。テンポよく流れる会話がとても子気味良い。今後、駅伝を違う角度から観れそうなそんな楽しみがある。

    ちゃちゃん
  • 劇団プレステージ

    かっこ悪い男たちの、かっこいい芝居だった。 アイドルや俳優や歌手や何かを目指していた人や、そんな誰かを応援していた、している人には胸に響くところが何箇所もあると思う。ただ、K-POP好きな人は複雑な気持ちになるような内容だったかも…そこ、書きます?っとなってしまった。。 劇団も10周年を迎え、今後どうなるか全くわからないが(いい意味でも悪い意味でも)、できれば、かっこ悪いのにかっこいい、悩んでもがいてるところも含めて応援したくなる、そんな愛すべき劇団は続いていってほしい。 泣いて笑ってまた泣いて、最後は、がんばってね!わたしもがんばる!という気持ちにさせてくれた。

    山口
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

株元英彰 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み