尾崎裕哉(オザキヒロヤ) のチケット情報

お気に入り登録する
尾崎裕哉
尾崎 裕哉(おざき ひろや、1989年(平成元年)7月24日 - )は、日本のシンガーソングライターである。

略歴
* 1989年7月24日、シンガーソングライター尾崎豊の長男として生まれる。東京都出身・血液型O型
* 1992年4月25日、2歳の時に父が死去した後、アメリカ合衆国・ボストンに渡り、5歳から15歳までを母と共に過ごす。そのため英語が堪能である。
* 2004年、父のトリビュート・アルバム『"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』に須藤晃の息子・Tomi YoとCrouching Boys(この作品限りのユニット)にHIRO名義で参加、「15の夜」を歌う。
* 2008年6月、アメリカンスクール・イン・ジャパン卒業。
* 2008年、慶應義塾大学環境情報学部入学。
* 2010年10月2日より、interFMで自身初となるラジオ番組「CONCERNED GENERATION」のディスクジョッキーを担当。
*2012年7月28日、FUJI ROCK FESTIVAL '12で行った、自身が担当するラジオ番組 interFM 「CONCERND GENERATION 」公開収録において生演奏を披露。公の場での初ライブとなった。
* 2013年4月、慶應義塾大学大学院入学。
* 2013年4月4日、interFMでラジオ番組「Between The Lines」を担当。アメリカやイギリスの曲を自ら翻訳し、日本語でポエトリーリーディングした。
*2015年3月30日、「Between The Lines」終了。最終回はこの番組で初めて日本の楽曲を紹介、英語でポエトリーリーディングを披露。選んだ楽曲は「卒業」(尾崎豊)。
* 2015年3月、慶應義塾大学大学院修了。
* 2016年7月16日、TBSテレビ「音楽の日」に生出演。父の楽曲「I LOVE YOU」をカバー。続けて自身のオリジナル曲「始まりの街」をテレビ初披露。
* 2016年9月4日、東京・よみうり大手町ホールで自身初のホールコンサートとなる『billboard classics 尾崎裕哉 premium concert―「始まりの歌」―』を開催。ライブ中のMCで「尾崎裕哉」名義としては初の作品となる「始まりの街」を同年9月5日よりトイズファクトリーから配信リリースすること
「尾崎裕哉」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月03日(月) 01:55UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 尾崎裕哉 Premium Symphonic Concert 2019

    尾崎裕哉さんのコンサートは、2回目ですが、オーケストラとのコンサートは、初参加でした。元々、彼の父、尾崎豊さんを好きで当時よくLIVEに足を運んでいたこともあり、彼の楽曲を受け継いで歌ってくれる裕哉さんのコンサートは、今回、最高の内容でした。自身の歌と、父の歌が、半々くらいで、しかも、東京フィルをバックに会場はサントリーホール。すべてにおいて、文句のつけようがない素晴らしい内容のコンサートでした。また同様の企画があれば、ぜひ、足を運びたいと思います。

    ゆうMASHALOVE
  • 尾崎裕哉

     彼の曲で大好きなGlory Daysを生で聴けて嬉しかった。  また学生時代にずっと自宅の部屋で流していた尾崎豊さんの「Forget-me-not」をオーケストラをバックに聴けた時は感動して思わず泣いてしまった。歌声もきれいで芯があり、ずっと聴いていたい、このまま時が止まってほしいと感じるぐらい素晴らしかった。  ライブが開催されたら絶対にまた行く。

    マサル
  • 尾崎裕哉

    前半は緊張が見えたが、柴田さんの指揮に惹かれて非常に楽しく歌い、こちら側にも伝わってきた。 後半は涙が出るほど美しい歌声に酔いしれってしまった。 柴田さんの指揮そしてフィルハーモニーの演奏 裕哉の歌声に感動を頂きました、また次回があれば是非鑑賞したいです。

    ピンポコニャンコ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

尾崎裕哉 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み