林ゆうき(ハヤシユウキ) のチケット情報

公演レビュー
  • *ASTERISK(アスタリスク)

    面白かったです。ダンスがすごいし、素敵でした。鳥肌が立つシーンもありました。 ストリートダンスを扱う公演を見に行ったことはなかったのですが、 ダンス+ストーリーということで興味を持ち、見に行きました。 一つのストーリーをベースに、さまざまなダンサーの方がパフォーマンスするので、 ストリートダンスって面白い・すごい!ということを発見しました。 ミュージカルと舞台の間のようであり、ダンスでもあり…。 ストリートダンスに関心がない方にもおススメです。 (ストーリーは少し脇が甘いところもありますが…ダンスメインということで…)

    ゆっぺ
  • *ASTERISK(アスタリスク)

    素晴らしい舞台でした。 皆さん本当におつかれさまでした。 ダンスの公演は何度も観ていますが、「ASTERISK」は間違いなく最高でした。 これまでのダンス公演といえば、大まかには発表会かコンテスト。または、クラブで数チームが順番に出てくるタイプのイベントがほとんどでした。 たまにある、「ストーリー性のあるダンス公演」も、お話が取ってつけたような内容だったり、ダンサーに役者的な演技を求めすぎていて安っぽくなってしまったり、結局何が言いたかったのか伝わらずに消化不良だったりでした。 この公演の成功のカギは2つあったと思います。 *1つ目はなんといっても演出の長谷川達也さんのセンスと情熱と人柄。 ナレーションで進める方法、きちんとした脚本、凝った照明、飽きさせない展開、ぴったり合った音楽、どれもクールでした。 どのチームに出演してもらうかを考えた時に、「自主公演の経験がある」ところを選んだそうですね。 出演者からの話しで、長谷川さんが舞台そでにいるひとりひとりに「よろしくお願いします」と丁寧に声をかけられていたと聞きました。 どんな世界でも、本当のプロは人柄も最高で一流なんですよね。 *2つ目は出演者・スタッフの気持ちが揃っていたこと。 トップダンサーであっても、ダンサーの位置づけは今の日本では高い位置にありません。 ASTERISKを成功させることが、ダンス界にとってどんな意味があるのかを出演者120人がわかっていたのだと思います。 そして観に来ていたお客さんも少なからずそんな気持ちがあって、ASTERISKのような舞台を欲していたのでしょう。 そこにカチッとはまった感じがありました。 そして、未知の類の公演を主催してくださったパルコさんありがとうございました。 そして、あとおふたりに拍手をしたいです。 PINOさん。つぶやきにあった「誰も怪我無く終われた事が一番」という言葉に感動しました。そうです。そうですよね。 あと、パンフレットの写真を撮影された、梅棒の飯野さん。全員を載せるのは本当に大変だったと思います。魅力的な1枚1枚をありがとうございました。 今回のASTERISKは、誰も誘わずに行きました。なんとなくどうなるのか本当におもしろいのか不安で。。 次回のASTERISKは、自信を持って友人をたくさん誘って行きます。 楽しみにしています。

    yyc
  • ASTERISK(アスタリスク)

    最高に素晴らしい舞台でした。 ダンサーにしか表現出来ない舞台だと思います。 身体だけで表現出来るのは、ダンサーの凄みですね。 構成も素晴らしかったと思います。 やっぱり最高ダンサーの作る舞台は最高です! また、やって欲しいです!

    ゆうた
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

林ゆうき のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み