WRESTLE-1(レッスルワン) のチケット情報

お気に入り登録する
WRESTLE‐1
WRESTLE-1(レッスル-ワン)は、日本のプロレス団体。

団体名の由来
選手兼代表の武藤敬司が近未来的なプロレスを目指して開催した興行「ファンタジーファイトWRESTLE-1」が由来。略称「W-1」の「W」には「Wrestling」の他に「Worldwide」、「Win」もかけられている。

特徴
旗揚げ当初は出場選手のみ事前に発表して他団体の選手の場合は「X」と表記するなど対戦カードを当日発表とするスタイルを採っていた。また試合試合の合間に幕間劇を入れてアングル上にいる者同士のカードを多めに組ませるなどアメリカンプロレス的な対戦カード編成が組まれている。しかし2014年3月2日の両国国技館大会以降、対戦カード発表は次第に事前へと移行して路線変更。国内他団体との対抗戦も積極的に展開して、これまでにプロレスリングZERO1、大日本プロレス、WNC、KAIENTAI DOJOとの対抗戦が組まれている。このうちZERO1については後述するマッチメーカーの征矢学の舌禍が引き金となり団体間抗争さらにZERO1の至宝たる世界ヘビー級王座の争奪へと至った。一方でWNCについては活動休止後に大半の選手がWRESTLE-1に吸収されたが若手選手でNovusを結成してWRESTLE-1における対抗勢力として活動している。なお全日本プロレスに対しては分裂の経緯から交流は無いと思われていたが2016年5月4日のWRESTLE-1後楽園ホール大会で武藤の闘いたい相手として秋山準が指名され来場。8月11日のWRESTLE-1横浜文化体育館大会で武藤とのタッグ対決が決定して全日本との交流が開始される。

海外のプロレス団体とは、旗揚げ当初アメリカのTNAと業務提携を結び外国人選手を招聘し、WRESTLE-1からの選手派遣も行われていた。同団体及び、その業務提携先であるメキシコのAAA、ヨーロッパの団体と4団体で大会の持ち回り開催や統一王座創設などの構想もあったが、TNAがWRESTLE-1との提携を打ち切りプロレスリング・ノアと業務提携を結んだ関係でほぼ交流が途絶え、AAAについても、現在はあまり積極的な交流は行われておらず、ヨーロッパの団体とも交流が途絶えているため、大会の持ち回り開催や統一王座構想も頓挫している状況となっている。

設立当初はフラッグシップタイトルを保有しない方向であっ
「WRESTLE-1」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月01日(木) 22:32UTC
公式サイト
公演レビュー
  • WRESTLE-1

    よかったです。 夏のアツサの中、それ以上の選手のアツサを感じました。 メインは6人タッグのタイトルマッチでしたが 一瞬、市民会館の小ホールが、日本武道館になったような気がしました。

    satoza
  • WRESTLE-1

    とても面白い試合でした 武藤敬司選手の試合は無かったですが 来場で挨拶がリング上であったので1番興奮し大声援でした

    こうじ う
  • WRESTLE-1

    全日プロレスからのファンなので 家族で見に行きました とても楽しくていっぱい選手に 呼びかけや拍手をしました! ファンサービスもよくて サインをしてもらったり握手をしてもらったり 写真も一緒に撮ってもらいました すごく楽しかったです! また近くで試合することがあったら 観に行きたいです!

    ミージマ
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

WRESTLE-1 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み