前島亜美(マエシマアミ) のチケット情報

お気に入り登録する
前島 亜美(まえしま あみ、1997年11月22日 - )は、日本の女優、声優、タレントである。SUPER☆GiRLSの元メンバー。

埼玉県出身。エイベックス・マネジメント所属。SUPER☆GiRLSでの愛称は、あみた。

略歴
2010年6月12日、『avex アイドルオーディション 2010』に合格し、女性アイドルグループ・SUPER☆GiRLSのメンバーとなる。2011年からはグループの活動と並行してソロ活動を行うようになり、ティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』(学研パブリッシング)の専属モデルやソロ写真集の発売、テレビドラマ、テレビアニメの声優、CM出演など活動の場を広げた。

2017年3月31日をもってSUPER☆GiRLSを卒業し、女優や声優としてソロ活動を始めた。また、2018年9月からはYouTubeに「前島亜美チャンネル」を開設し、月に1回生配信をしている。

人物
SUPER☆GiRLS時代の公式ニックネームは「あみた」、イメージカラー(超絶カラー)はローズピンク、キャッチコピーは「変な声でも優等生っ空手キックで〜 がんばるやいっ!」(2014年2月23日までは「超絶妹系アイドル 最年少でもがんばるやい!」だった)。結成当初から中心メンバーとして活動しているが、オーディションの投票審査では上位10名に入れず、審査員選考によって最終候補者となった。また、第2次審査後に、「この先は難しいだろう」という家族の判断でオーディションを一度辞退していたことが、のちにスタッフブログで明らかにされた。

趣味は、読書、アニメ鑑賞。特技は空手で、極真空手の茶帯を持つ。オーディションの決勝大会では空手の型を披露した。またテレビやイベントに出演する際に、特技として蹴りを披露することがある。好きな言葉・座右の銘は「やらないで後悔より、やって後悔」。好きな食べ物はお菓子、スイーツ、甘いもの、春雨。

家族構成は父・母・姉・妹の5人家族。出生時の体重は4,300グラム。「亜美」という名前の由来については、「ほんとはアジア(亜細亜)を意識して『亜海』だったけど、苗字との画数が悪くて『亜美』になったそうです!」と述べている。

Berryz工房の嗣永桃子の大ファンであり、「小学生の頃にひと目惚れしたのが、Berryz工房の嗣永桃子さん。かわいい声で歌って踊る姿に小さい
「前島亜美」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月24日(土) 13:06UTC
公演レビュー
  • 舞台「囚われのパルマ」

    脚本・演出、カリニカ。この方の手腕にかなり難ありと見ました。2.5次元舞台は作品を知らない人にも舞台となってる背景をざっくりと分からせる必要がありますが、いわばこの作品はその背景を舞台にしてるとはいえ、原作ゲームをプレイした人すらわかりにくい。最後にハルトが記憶を失ったのはなんで?物理的に何かをされる場面が何もなかった。脳内に声が鳴り響いてハルトが気を失った。ハルトは自分で自分の意識を飛ばした?精神的に?まるで二次創作(それ以下)。更に、ナレーションで心の中を説明するという脚本の基礎で「あまり多用しないように」と言われていることをたくさん使いすぎた。とにかく物語に抑揚がないのが致命的でした。 細かい部分では、シーハイヴ製薬のセキュリティがやばすぎます。過去の研究の記録のうち、電子化されたものは保護されてるのに、政木の持っているファイルのあるキャビネットは鍵がなく、部屋にも鍵がかかってなくて出入りし放題って、いくら現実と演劇は違うとしてもガバガバすぎませんか。また、前島亜美さん演じるスパイがアホすぎる。シーハイヴに潜入した途端に「新薬」と口にしたり、先輩研究者にシーハイヴのことを根掘り葉掘り聞いたり、かっこいい研究員にはハニトラのようににこにこしたかと思うとうだつの上がらない研究員には冷たく接したり、わざと目立とうとしてるでしょう、スパイとしてありえない。そのスパイが盗み聞きをしてドカドカと音を立てるのも間抜けすぎて有りえませんが、聞かれてた政木さんも「誰かいるのか!」と気にするのにそのあとすぐ元の会話に戻るとか、ありえない。その場から離れるとか「ここでこの会話はまずい」って判断するでしょう普通。 カリニカさんは本気でもう演劇に関わらないでほしい。バラエティの脚本?をされている方のようですが、バラエティはお笑い芸人が場を盛り上げてくれるからなんとかなっているのでしょう。せっかくの作品が本当にもったいないことになりました。パルマシリーズの次回作があったとしても、この方には絶対に任せないでください。ハルト編もカリニカ以外で作り直してほしいくらいです。ほんとうにほんとうに、せっかくの作品をよくも台無しにしてくれたな、という思いでいっぱいです。役者さんはみなさんとても良かったです。 太田さんのハルトは完璧でした。それだけがこの作品の良さです。

    あさひのこ
  • 舞台「囚われのパルマ」

    ゲームはゲーム、舞台は舞台と割り切って観れるタイプなので、単純に「ハルトと相談員が出会う前日譚」としての物語を楽しめました。 きっと制作陣も役者さんも、相当ゲームについて探求されたんじゃないだろうか、と演技や所作の端々に感じられて嬉しかったです。 声やビジュアルがゲームと違うのはもちろん承知の上で、それでも太田さん演じるハルトは私の想像の中の「ハルト」そのままで。 人を笑顔にするための研究に信念を持って取り組む真面目さ。その信念をもって研究中心になってしまう為に、周囲の人とのコミュニケーションにズレが生じてしまう不器用さ。 「相談員に出会う前のハルト」はこんな感じだったんだ!と新鮮だったし、同僚との会話の中で変わった単語を思わず呟き返す姿は微笑ましかった。 ハルトの母親の涼子さんが好きなのは「紫のアネモネ」だったし、特にパルマの「黄色」が出てこないんだなぁーと残念に思っていたら、最後の最後に黄色の照明が美しく輝いて、感動でした!ハルトが会場に向かって手の平をかざした時、重ね合わせたい!と思った観客は少なくなかったと思う。 ここからまたハルトの物語をプレイし直したくなる、素敵な終わり方でした。 総じて、役者さんたちが「パルマ」の世界観を大切にしてくれているのが伝わってきましたし、それぞれの役者さんレベルが高くて、ゲームをたとえ知らなくても楽しめる舞台になっていたように思います。 役者さんたちも和気あいあいと仲が良さそうでそこも嬉しかったです。 もし、次があるのなら、アオイくんやチアキくんの舞台もぜひ観てみたいなぁと思いました! 素敵な舞台を作り上げて下さり、ありがとうございます!

    抹茶ぷりん
  • タクフェス第6弾『あいあい傘』

    前半の鈴木紗理奈のキャラと後半の星野真里のセリフまわしが素晴らしかった感動した。前島亜美もよかった

    やきそば33
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

前島亜美 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み