宮崎香蓮(ミヤザキカレン) のチケット情報

お気に入り登録する
宮﨑 香蓮(みやざき かれん、1993年11月20日 - )は、日本の女優。長崎県島原市出身。オスカープロモーション所属。早稲田大学社会科学部卒業。

人物
2006年全日本国民的美少女コンテスト第11回大会にて、演技部門賞受賞。

「島原の子守唄」の作詞・作曲者や『まぼろしの邪馬台国』の作者として、また城山三郎の『盲人重役』のモデルとしても知られる島原鉄道元役員・作家の宮崎康平の孫である。

中学時代に、地元の長崎新聞中学生英語暗唱大会で入賞している。

2012年4月1日、早稲田大学社会科学部(推薦入試で合格)に入学。漢字検定2級、英語検定2級取得。

2013年7月3日、全国納豆協同組合連合会から2013年度納豆クイーンに選ばれる。

2013年5月(マンスリーMC)・2013年8月10日・2013年11月23日・2014年1月25日、『wktkラヂオ学園サタデー』のゲストMCをつとめる。

2013年10月、『日経トレンディ』(日経BP社)が選ぶブレイクが期待される「今年の顔」に選出される。

出演
テレビドラマ
* バッテリー(2008年4月3日 - 6月12日、NHK) - 矢島繭 役
* 金曜プレステージ 妻よ! 松本サリン事件犯人と呼ばれて…家族を守り抜いた15年(2009年6月26日、フジテレビ) - 河野真紀 役
* 家族法廷(2011年4月27日 - 6月29日、BS朝日) - 桑島由加 役
* GTO(2012年7月3日 - 9月11日、関西テレビ) - 野村朋子 役
** 秋も鬼暴れスペシャル(2012年10月2日)
** 正月スペシャル!冬休みも熱血授業だ(2013年1月2日)
** 完結編〜さらば鬼塚!卒業スペシャル(2013年4月2日)
* 夜行観覧車(2013年1月18日 - 3月22日、TBS) - 高橋比奈子 役
* ホリック〜xxxHOLiC〜(2013年2月24日 - 4月14日、WOWOW) - 九軒ひまわり 役
* 35歳の高校生(2013年4月13日 - 6月22日、日本テレビ) - 羽鳥梨花子 役
* 明日のマドレーヌ(2013年7月27日、テレビ東京) - 主演・戸川真紀 役
* 鼠、江戸を疾る 第8話 - 最終話(2014年3月13日 - 20日、NHK) - お糸 役
* 戦力外捜査官 最終話(2014年3月1
「宮崎香蓮」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月08日(水) 20:31UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「若様組まいる~若様とロマン~」

    舞台の一つが「風琴屋」だからでしょうか。オープニングの音楽が風琴(オルガン)音楽を思わせるようです。ミュージカルを連想させるメロディーなので、同じキャスト・スタッフで全編ミュージカルで見たいとも思ってしまいました(劇中歌やダンスシーンはある)。 該当の原作には登場しない和合君がいい味を出しています。新しい商売に手を出そうとして失敗したり、恋愛の伝授を教え込もうとしたり、真次郎にお菓子のレシピを乞うたり。 そして若様組シリーズもここで一区切り。新作が作られるかは今後原作が出るかどうかにかかっていますが、新作はなくても、再演はして欲しいものです

    ミハイル
  • 「若様組まいる~アイスクリン強し~」

    久し振りにサンシャイン劇場に向かった、こんなに駅から離れていたかなあ?芝居小屋らしい劇場で芝居を堪能しました。ストレートプレイですが踊り、殺陣、ギャグ、着ぐるみ、cookingショーいろいろなフレバーが散りばめられていて、見て、聴いて、香りを楽しめますよ、若い役者さんたちの生き生き走り廻る熱い芝居とベテランの俳優さんたちの重厚かつ軽妙な笑い、迫力、いい声……締まりが絶妙 会場には甘い香りが漂って来て、明治のまだまだ不安定な部分もSweetSが自由に食べられる幸せ感が平和の風を感じました。ホッと幸せ感を味わいたくて帰りにはSweetSを買って帰りました。goodsにもマシュマロがあって中にもSweetS具材が入っていて美味しかったですよ、舞台鑑賞&マシュマロ三個いりオススメです。

    かずっち
  • 何者

    『何者』は小説も読みましたし、映画(WOWOWで放送されたもの)も観ました。 就活とSNSでのコミュニケーションを題材にした、なかなかに心をえぐる作品です。 それが、舞台でどのように表現されるのか……。 セットは、後方に大型モニターが3台設置されていますが、それ以外は、結構簡素です。 ストーリーは、ほぼ原作通り。就職活動にいそしむ大学生5人の物語です。 意識高い系のリカ(美山加恋さん)、楽天家のコータロー(鈴木勝大さん)、真面目で一途なミズキ(宮崎香蓮さん)、批評家気取りのタカヨシ(長妻怜央さん)、そして、皆を冷静に観察する主人公のタクト(阿部顕嵐さん)。 直接会っているときは仮面を被っていますが、その裏で、ツイッターには本音をつぶやいています。 観客は、主人公タクト目線で見てしまうので、時折、他の皆を「イタイ」と思ってしまいますが……。 最後、思いも掛けない逆襲に心をえぐられます。 ところどころ、歌とダンスが入る演出が、個人的には「ん?」と思いましたが、これが無いと、もしかしたら単調になってしまったかもしれません。 私はバブル期の超売り手市場だったので(映画『就職戦線異常あり』の世界)、今の人たちは「大変だなぁ、偉いなぁ」と感心しきりです。 でも、時代が変わって、就活の形態が昔とは違っても、あの悩みとか不安の根っこは同じなんだと思います。 等身大の5人が、それをうまく表現していました。 ※ ジャニーズJr.の方が出演されるからでしょうか、「あれっ?今日はレディースデー?」というくらい女性ばかりで、かなり肩身の狭い思いをしました(笑)。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

宮崎香蓮 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み