岡田彰布(オカダアキノブ) のチケット情報

お気に入り登録する
岡田 彰布(おかだ あきのぶ、1957年11月25日 - )は、大阪府大阪市中央区出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投右打)・監督・コーチ。現在は野球解説者、野球評論家。阪神タイガース第30代監督を務めた。

1980年に阪神へ入団。1995年にオリックス・ブルーウェーブで現役を引退。その後、オリックス・阪神の二軍監督・コーチ・監督を歴任した。オリックス監督退任後の2013年からはデイリースポーツの野球評論家を務める。また読売テレビ・朝日放送・東日本放送(本数契約として)の野球解説者も務めている。

経歴
アマチュア時代
大阪市中央区玉造で町工場を経営していた父親は、阪神の有力後援者で、村山実・藤本勝巳ら選手と親交があったことから、幼少時よりタイガースと縁深く育った。幼稚園児の頃に、当時のタイガースの三塁手であった三宅秀史とキャッチボールし、それ以来、三宅に憧れを抱いたという。この入団は「阪神が少年野球チームを持っていなかった」というのも理由だった。また父の会社では草野球チームを結成し、岡田自身も投手として村山の背番号「11」を付けてマウンドに登った。岡田の証言によれば、野手は阪神二軍の若手選手だったという。また岡田は少年時代からタイガースの試合を見に阪神甲子園球場へ出かけることが多かったが、観戦する場所はネット裏やタイガースファンの多い一塁側ではなく、敵側ベンチのある三塁側ベンチ横だった。その場所は阪神のライバル・読売ジャイアンツの三塁手・長嶋茂雄を一番近くで見ることができるので、そこからヤジを飛ばすためという理由だった。

(省略)、明星中学校3年生時に中学野球大阪府大会で優勝。(省略)3月、村山の引退試合の前に村山のキャッチボール相手を務める。

1973年に北陽高校に進学。1年生時には3年生エース有田二三男を擁し左翼手として活躍。同年夏の甲子園府予選決勝でPL学園から先制2点本塁打を放ち、夏の甲子園に出場を決める。大会では有田が3回戦で高鍋高からノーヒット・ノーランを達成するなど勝ち進む。しかし準々決勝で今治西高に敗退。甲子園での打撃成績は2試合で6打数3安打。有田以外のチームメートに慶元秀彦がいた。同年の秋季近畿大会では新チームのエースとして準決勝に進み、向陽高に0-1で敗退するが春の選抜出場を決める。しかし不祥事によって出場辞退を余儀なくされた。3
「岡田彰布」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月21日(金) 12:53UTC
公演レビュー

全0件を見る

まだレビューがありません レビューを投稿する

amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

岡田彰布 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み