東京女子プロレス(トウキョウジョシプロレス) のチケット情報

お気に入り登録する
東京女子プロレス
公式サイト
公演レビュー
  • 東京女子プロレス

    東京プリンセンスカップの1回戦第2ターム、同時にいくつかのストーリーもあるため生で見ておこうと思って見に行った。 新日本みたいに大所帯だとベルトごとのストーリーとか有るのだけど、それが個人の事情に落とし込まれているのが東京女子の面白いところだ。 一番の注目は瑞希を欲しがるNEO美威獅鬼軍のからみ。メインに瑞希が出るため、その後に茶番・・・というか寸劇が挟まれると思われたのだが、なんとこれを空かすという東女ならではの流れが見事に出来ていて、自分がまだまだだなと思わされた。 本線の方はおおよそ順当な勝ち負けだったが、一度も一回戦突破がなかったまなせが衣装の帽子、もふもふのショールをまとわず臨戦態勢で登場、遊び要素を排して以前のフィニッシャー、ネックスクリューホールドを決めて短期決戦を狙うなど、やる気をにじませて愛野ゆきを鈴木ダイナミックで仕留めて勝った。 白川美奈はAEW帰りの坂崎ユカ相手に奇襲から追い込んだが、逆にそれが坂崎のキラーモードを発動させて非常にわくわくする展開。しかし、坂崎もイージーと仕掛けただけあって、この内容はしてやったりの展開だったのでは。 メインは山下が自らのジンクスを敗れず早くも敗退。渦中の瑞希が勝ち名乗りで興行を締めるというおそらく初の展開だったと思う。 この結果、2回戦はめちゃめちゃ混戦の状況。 今後も楽しみだ。

    Ja-bow(やあぼう)
  • 東京女子プロレス

    やぁー、中島、強さを感じますねー! 瑞希、返し技のバックフリップ流石です。次回この二人の対戦凄く楽しみです。やはり決め技は返し技ではないでしょうか? 山下が少し元気がない。ラクちゃん泣いてたねー。何でだろ! プロレス辞めなければいいけど。 万喜のシングル見たかったです。 新木場は、客席とリングが近いので設営に入った選手たちの雑談がたまに聞こえるので、楽しかったです。

    キンニイ
  • 東京女子プロレス

     運動能力に関して言えば他団体やレジェンドには及ばないのかもしれないが、パッケージとして見たときの満足度が高いのが「東京女子プロレス」の強みで、今回も遺憾なく発揮され楽しむことが出来た。  夏のシングルトーナメントが始まって、今回の前半は前哨戦と長期休業になる小橋マリカの壮行試合。いわゆるエモい感じでの送り出しが、らしい試合だったが、後半のトーナメント本戦は現チャンピオンの中島翔子が後楽園で「少し頑張って挑戦してきて欲しい」と言ったその頑張りが弾けだしたプロレスとして楽しい展開だった。  昨年夏怪我でリタイアして、半年以上くすぶり続けた辰巳リカと同期の後押しを受けて立ったうなぎひまわり、格上・天満のどかを新兵器ティアドロップで破る大金星を見せた渡辺未詩、万喜なつみと乃蒼ヒカリの同チーム決戦、そしてチャンピオンに初のシングルメインイベントで挑んだかみーゆこと上福ゆき。  どの試合も何なら数週間前よりも数段のレベルアップと覚悟を感じさせる試合で、本当に素晴らしい展開をこれでもかと見せつけてくれた。  7月7日のKFCホールでの決勝戦、誰が対峙するのかは解らないが、どの組み合わせも面白くなること請け合いの現状には期待感がマックスだ。  この夏も東京女子プロレスから目が離せない。

    Ja-bow(やあぼう)
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

東京女子プロレス のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み