小板奈央美(コイタナオミ) のチケット情報

公演レビュー
  • 劇団☆新感線 『修羅天魔 〜 髑髏城の七人』 Season極

    「ステージアラウンド東京」のこけら落とし公演も、とうとう最後のSeason。 極楽太夫の天海祐希さんに天魔王の古田新太さん、まさに千両役者の揃い踏みでした。 『髑髏城の七人』の新作とのことでしたが、なるほど捨之介が出てこないんですね。 その分、極楽太夫が八面六臂の活躍です。 捨之介とは違った織田信長や天魔王との関係も、女性ならではの感情が入ることで、これまでのSeasonとは趣も違ってました。 古田新太さんは天魔王役ということで、今回は、久しぶりに笑いどころ控えめの渋い古田さんを観ることができました。 他にも兵庫役の福士誠治さん、夢三郎役の竜星涼さん、カンテツ役の三宅弘城さんなども、それぞれ存在感がありましたが、私は、原慎一郎さん率いる髑髏党ミュージカル軍団?に心を持ってかれました(笑)。 ラストは、最初に『髑髏城の七人』を観た時、「ここで幕が降りた方がいいのに……」と思っていたところでエンディング。 捨之介の決め台詞まで出てきて、個人的には、一番気に入ったラストシーンでした。 ※長かったこけら落とし公演の次は、何が上演されるだろうと思っていましたが、また新感線……。 いや、新感線は面白くていいんですが、正直、違う劇も観てみたいと思ってました(でも、あれだけのセットを設えて、観客を動員できなければ大赤字になってしまうし……今、それができるのは新感線くらい?……あとはジャニーズ?)。 しかも、また3ラウンド公演……全部観るのは、いろんな意味でちょっとシンドクなってきました(苦)。

    touch
  • 梅棒「ウチの親父が最強」

    梅棒の作品は、毎回リピートしたくなるもので、今回も2回見ました。 音楽とダンスだけでここまで人の心をつかむアーティストは見たことありません。 アーティスト全員が、ドンピシャなキャスティングの中、全力での演技は本当に「最強!!!」でした。 パルコ劇場での再演を強く希望します。

    KeyTan
  • 梅棒

    台詞はなく、耳慣れたJ-POPとダンスだけで物語が進んでいく。シーンに合った選曲、振付、キャストの表現力。どれも見事。梅棒8人が出演する大阪は贅沢極まりない!笑いあり緊張あり涙あり、忙しいくらいに感情を揺さぶられ、最後はほっこり心が温かくなる。ほんとすごい!観られて良かった!

    kuri_hana
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

小板奈央美 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み