Little Glee Monster(リトルグリーモンスター) のチケット情報

お気に入り登録する
Little Glee Monster
Little Glee Monster(リトル グリー モンスター)は、日本のガールズボーカル音楽グループ。2013年結成。2014年に6人組ボーカルグループとしてメジャーデビュー。現在は5人で活動している。略称はリトグリ。所属事務所はワタナベエンターテインメント。レーベルはソニー・ミュージックレコーズのgr8!records。

概要
ソニー・ミュージックレコーズとワタナベエンターテインメントがタッグを組み、世界に通用する女性ボーカリストの発掘を目的として「最強歌少女オーディション」を実施。当該オーディション合格者を中心に集められた女生徒により、当グループが結成された。

グループとしてのコンセプトは“歌声だけで人々の心を歓喜する”。洋楽・邦楽の別を問わず、様々なジャンルの楽曲を独自の解釈で、ダンス等も交えつつ、ライブ活動を展開させてきている。初期の頃には芝居も交えたライブを行っていたこともある。

グループ名の中に組み込まれている単語「Glee」は「男声の3部またはそれ以上から成る無伴奏の合唱曲」を指す音楽用語であるが、元々は「心を解放し、歓喜すること」の意味を有している。
メンバーカラーは、公式マスコットキャラクターの中から各メンバーが自分の好きな色を選んで決定されたものであり、9thシングル「明日へ」発売前後までトレードマークとして各メンバーカラーのヘッドホンを常に着用していた。
2018年以降、現在まで衣装としてのヘッドホンは着用していない。

ファンの呼称
2014年8月28日、manakaがTwitterを通じて当グループのファンの名称を募集。翌日(8月29日)、メンバー(manaka 中心)とスタッフとの間での議論の末に、Little Glee Monsterのモンスターの鳴き声をイメージしたガオーにちなんで「ガオラー」に決定した


メンバー
(省略)

元メンバー
(省略)

略歴
*2012年
**3月27日、「最強歌少女(仮)」名義の4人グループで、渋谷VUENOSの音楽イベント『NEXT BREAK vol.8』に出演。
**7月より「最強歌少女オーディション」開始。合格した芹奈・麻珠・MAYU・かれん・LINAに「最強歌少女(仮)」からアサヒとYUKAが加わり、7人で『Little Glee Monster』を結成。

*2013年
*
「Little_Glee_Monster」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月30日(日) 13:19UTC
公式サイト
公演レビュー
  • J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION

    AIさん、最高に楽しいステージでした。人柄に惚れてしまいました。そして隆二さんのステージは、スペースが限られているにも関わらずパフォーマンスは期待通りのもので本当に楽しかったです。お疲れさまでした。

    ヤモリ
  • Little Glee Monster -リトグリライブツアー2017 秋 Let’s Groove!!!!! Monster-

    アリアナ・グランデ来日公演でオープニングアクトに抜擢され、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたリトグリ。彼女たちのヴォーカル・ハーモニーをもう一度聴きたくて、単独公演へ行ってきました。 各メンバーが持つ歌唱スキルと鍛えられたハーモニーは、小手先のテクニックに溺れず正攻法で客席にぶつけられ、無条件に私の体を揺らしてくれます。前座であったが故、あらかじめ録音された演奏が用意されていた幕張のステージとは違い、今夜は6人編成のバンドがしっかり軸となる音を支えており、圧倒的に高まった迫力や臨場感によって、同じアーティストのパフォーマンスを聴いているとは思えません。 もちろん彼女たちはまだ若く、奏でられるハーモニーは懐の深さや色彩感などにおいて未完成。表現力には伸びしろがあると感じましたが、弾けるような躍動感は弱点を上回る魅力にあふれていて、現時点での仕上がりは既にプロフェッショナルのそれ。楽しそうにハイトーンで歌いあげるその姿に、私は思わず ”Jackson5” を重ね合わせてしまった、と言っては褒め過ぎでしょうか。 ■Setlist  01. -Opening Song-  02. Girls Be Free!  03. Go My Way!  04. 人生は一度きり  05. Don’t Worry Be Happy  06. 君のようになりたい  07. Feel Me  08. ダイヤモンド  09. きっと大丈夫  10. 放課後ハイファイブ  11. 青春フォトグラフ  12. 空は見ている  13. 幸せのかけら  14. アカペラメドレー    Fantasy【Earth Wind & Fire Cover】    Happy【Pharrell Williams Cover】    SUN【星野 源 Cover】    Treasure【Bruno Mars Cover】    Uptown Funk【Mark Ronson Cover】    Thriller【Michael Jackson Cover】  15. 私らしく生きてみたい  16. HARMONY  17. 好きだ。  18. SAY!!!  19. 明日へ -----Encore-----  20. My Best Friend  21. だから、ひとりじゃない  22. -Ending Song-

    HIRARI
  • Ariana Grande -Dangerous Woman Tour-

    驚いたことは彼女の歌唱力。とにかくウマい。そして力強い。圧倒的な声量に、よく伸びる高音と独特の揺らぎをみせる低音。その素晴らしさは、比肩する歌姫たちをすぐに思い浮かべることができないほど。開演前にアイドル的なステージを予想し、チャートを賑わしたアップテンポの曲々で適当に盛り上がろうと目論んだ私でしたが、極上の響きを持つ歌声がミディアムスローの電子音と交わり醸す心地良さに酔いしれることに。 ダンサーを引き連れてのパフォーマンスは体力の消耗が激しく、他アーティストのライブでは、声の劣化を露呈しないためのリップシンクにガッカリさせられたことが一度や二度ではありません。しかし、彼女のステージングときたら最後まで「ナマの歌声で勝負」なのです。そんなプロフェッショナルとしての高い精神性を見せつける一方で、愛らしい日本語MCはキュートな魅力にあふれており、新たなアイコンとしてしばらくは彼女、日本での人気は揺るぎないように思えました。 この公演では厳重な警戒対応が取られました。賛否両論あると思いますが、素晴らしい決断であると私は拍手を贈りたいな。アリアナたちの思いが、すべての世界に届きますように。どうか大好きな音楽が、理不尽な暴力に屈することがありませんように。 ■Setlist ---Act Ⅰ---  01. Be Alright  02. Everyday  03. Bad Decisions  04. Let Me Love You ---Act Ⅱ---  05. Knew Better Part.Ⅱ  06. Forever Boy  07. One Last Time  08. Touch It  09. Leave Me Lonely ---Act Ⅲ---  10. Side To Side  11. Bang Bang  12. Greedy  13. Focus  14. I Don’t Care ---Act Ⅳ---  15. Moonlight  16. Love Me Harder  17. Break Free  18. Sometimes  19. Thinking Bout You  20. Over The Rainbow【Judy Garland Cover】  21. The Way  22. Problem  23. Into You ---Encore---  24. Dangerous Woman

    HIRARI
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

Little Glee Monster のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み