徳永ゆうき(トクナガユウキ) のチケット情報

お気に入り登録する
徳永ゆうき(とくながゆうき、1995年2月20日 - )は、大阪府大阪市出身の演歌歌手、俳優。血液型A型。

人物
Prime Musicからデビュー。現在はユニバーサルミュージックジャパンに所属。歌手業の傍ら、俳優としても活動している。趣味は鉄道写真。道南いさりび鉄道特別応援隊員、奄美観光大使、瀬戸内町観光大使。

誕生
祖父や両親は鹿児島県の奄美群島出身。瀬戸内町の加計呂麻島にルーツを持つ。両親が演歌好きであったため、幼い頃から演歌に親しみ、小学生の頃から演歌を歌うようになった。また、小学生の同級生は野球やサッカーの話題を話す中、祖父とともに大相撲を見ていたので、同級生から「おっさん」と呼ばれていた。

歌手になるきっかけ
大阪のカラオケ喫茶ののど自慢大会に出場、また、中学生の頃には両親に連れられて行った関西の奄美関連郷友会でも歌を披露し、同郷者の間では有名となった。NHKの『NHKのど自慢』にも合格。2012年には『NHKのど自慢チャンピオン大会2012』でグランドチャンピオンとなる。この時、当時の所属レコード会社にスカウトされ、2013年11月13日のデビューに至る。デビューに際して、本名の「優樹」をひらがな表記にした。

歌手としての活動
2014年7月、フランスのパリで行われたジャパンエキスポ2014に出演。演歌歌手としては初めて参加で、独特の歌い方と先行配信の「Dodompa Dance !」がフランスのテレビ局から取材を受ける。

デビューシングルは石垣島出身でBEGINボーカルの比嘉栄昇、セカンドシングルは「島唄」をヒットさせた宮沢和史、サードシングルは石垣島出身のミヤギマモルというように、沖縄に縁のある人物が作曲を担当した歌謡曲が続いたが、奄美シマ唄や新民謡など、ルーツである奄美群島に縁の曲は歌っておらず、奄美観光大使就任に当たり、いつか奄美が舞台の歌を大島紬を着て歌いたいと語った。シングル4作目にして本格的な演歌である「函館慕情」を歌うに至った。

デビュー時のキャッチコピーは「日本の孫」。

鉄道マニアとしての一面
鉄道が好きで、趣味は撮り鉄。常に一眼レフカメラを持ち歩き、仕事の合間などわずかな時間も電車の撮影にいそしむ。また、阪神電鉄や小田急電鉄の車掌の口調や発車音のものまねなども披露している。

カピやん
徳永ゆうきのオリジナルキャラクタ
「徳永ゆうき」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月18日(日) 11:56UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 演歌男子。LIVE TOUR 2019

    勢いのある歌い手さんの 熱気あふれるコンサート でした。満喫しました!

    ままみ
  • 箕面天空 歌のコンサート

    とても楽しいステージでした。歌はもちろん上手で心を奪われうっとり聞き入りました。 特技の鉄道モノマネも上手で笑わせてもらいました。短く感じてもっと歌が聞きたいと思いました。 また箕面のステージで会いたいです。

    rurusan88
  • エコルマ演歌まつり ~心をひとつに vol.2

    第1部 津吹みゆさん「望郷さんさ」新曲「みちのく恋桜」工藤あやのさん「恋微熱JIN JIN JIN」パク・ジュニョンさん「河口湖」等 第2部 みちのく娘「お祭りマンボ」「春ッコわらし」で盛り上がる。織姫と彦星のコーナー パク&羽山「アマン」最上川&工藤「A Whole New World」徳永&津吹「いつでも夢を」のデュエット。3組の中で1番良かったのは客席の拍手で・・・徳永ゆうき&津吹みゆさんの「いつでも夢を」。6人全員で七夕らしく「見上げてごらん夜の星を」ラストナンバー「東京五輪音頭」。『パクさん曰く、七夕は 韓国にもあるんですよ。ちょっと違うのは韓国では、雨が降ると彦星様とオリ姫様が逢えて嬉し涙を流してると言われてるんですよ!なので今日はピッタリですね。』徳永ファンの女性が両隣の席で、ペンライトと徳永さん写真の大きな団扇やタオルで徳ちゃーーん!!キャーと掛け声も楽しそう。終演後の握手会は長蛇の列でした、好評の「エコルマ演歌まつり」を満喫!! 来年も開催されるように祈ります。

    tajiteru
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

徳永ゆうき のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み