リチャード・カリノスキー(RICHARD KALINOSKI) のチケット情報

公演レビュー
  • 俳優座劇場プロデュース「月の獣」

    新聞の片隅に、ローマ法王がトルコに謝罪を求めた記事を見つけたことがあったが、「月の獣」が100年前のアルメニア人ジェノサイドを題材にしているとは知らなかった。家族を皆殺しにあったアラムが、辛うじて生き伸び、アメリカ、ミルウォーキーにて新たな一歩を始めるべく、やはり家族を皆殺しにあった少女セナを孤児院から救い出し、写真結婚することから始まるのだ。同じ境遇同士のアルメニア人であっても、育った環境は違い、二人の距離はなかなか縮まない。アラムがセナに期待することに、セナの努力では応えられないのだ。救われた感謝を口にしながらも、夫婦仲の齟齬に苦悩するセナの初々しい少女から、自己を確立してゆく大人の女性への成長ぶりを見事なまでに占部房子が演じた。彼女の代表作に間違いない戯曲だ。顔のない異様な家族写真に固執する、深い心の闇を抱えるアラムを石橋徹郎が、越えきれない苦悩を静かに演じて素晴らしかった。・・・セナの初めての感情の爆発が二人の中に何かをもたらしたのだ。・・・・・粗忽者にとって、今年最高の戯曲に出会った日。「月の獣」とは、月食時のアルメニアの風習らしく、その行事にあとにあの大虐殺が起きたことから、由来するらしい?。

    粗忽者の早とちり
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

リチャード・カリノスキー のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み