シャルル・リシャール=アムラン(シャルルリシャールアムラン, CHARLES RICHARD-HAMELIN) のチケット情報

お気に入り登録する
公演レビュー
  • シャルル・リシャール=アムラン(p)

    とても素晴らしい・・に尽きる感じです。抒情的な表現がとても豊かでしかも、ミスタッチはゼロで完璧・・と言えます。 シューマン・ショパンの演奏はほんとに第一人者ではないでしょうか。更に凄いサービスで、アンコールを4曲も演奏してくださいました。 アンコールの最後に英雄ポロネーズとは、ほんとに贅沢なものでした。プログラムの一部を形成するほどの長さであり、内容の曲だからです。しかも料金も高くなくて大変良心的で、リサイタル回数も多く、行きたい日を選べました。 またまた何度も来日していただいて素晴らしい演奏を何度も聴かせて頂きたいです。最高!!!

    ふるとなおちゃん
  • シャルル・リシャール=アムラン(p)

    正直期待して行ったわけでなく、当日夜にクリーヴランド管弦楽団に行くので当日の昼に何かコンサートはないか確認したらたまたまあったコンサートだった。ごめんなさい。リシャール=アムランの名前はショパンコンクール第2位ということで知っていたがチョ・ソンジンが突き抜けた天才でそれ以外はそれほどでもないという思い込みでCDも聴いたことがなかったし興味もそれほどなかった。それだけに今回の衝撃は大きかった。自然体で抒情的で踏み込むところは劇的に踏み込み、技術は超一流で一音たりともミスらない。彼から音楽が溢れ出してショパンに初めて出会った時の感激をまた味わったようであった。ショパンの夜想曲20番、即興曲全4曲、英雄ポロネーズ、バラード全4曲。ミューザは満員御礼。日本を縦断しているらしいが人気があるのも頷ける。スター性ではなく、彼の自然体の音楽とサイン会でも表れていたシャイな人柄。一遍に好きなピアニストになってしまった。アンコールのバッハとショパンの別れの曲。手垢にまみれたような別れの曲はショパンが「これほど美しいメロディーを書いたことがない」と言った言葉を体感し、ぐっときてしまった。まだ公演はあるようなので聴いたことのない方は是非、至福のショパンを味わってください。

    K551
  • CRアムラン ピアノリサイタル

    大変さわやかで、心地よいピアニストです。まだ若いですが、テクニックが抜群で、高い音楽性を持っていることに驚きました。ショパンコンクール第2位の実力はさすがです。また、人柄が誠実で今後がとても楽しみです。

    prelude59
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

シャルル・リシャール=アムラン のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み