永田崇人(ナガタタカト) のチケット情報

お気に入り登録する
公演レビュー
  • ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“東京の陣”

    シリーズ4年目、主人公校不在、音駒高校が主役、主軸。東京の陣だけど東京凱旋が無い!これまでのハイステと様々部分が違う今作。 オープニングエンディングと試合開始終了周りはこれまでの型が踏襲され、音楽は各校ラップベースで試合が展開。各校で曲テイストも違った過去作品とはまた雰囲気の変わる統一感や東京の陣パッケージを感じた。 初登場作品烏野復活から目が覚めるようなダンスやアクロバットが魅力の音駒高校、堅実さもありながら爆発力や元気さを感じさせられる梟谷高校、アニメにも未登場の新参校でありながらダンスや外見、細かい指先の動きまで蛇になった様な戸美学園高校、照明のカッコよさも相まってこれまでの正統派ではない、ハイステが観れました。 テーマの「約束」、研磨は3年生が卒業するからどうので試合の調子が崩れることは無いけれど、日向との約束や幼馴染との約束は心のどこかで熱く持っているんだろうなとキャラについてより深く理解を引っ張られるテーマであり、観客自身の幼い頃や学生時代の約束を引っ張られるような、エモーショナルなテーマだと思いました。 主演の永田さん近藤さん、去年迄ハイステに連続で出演し、昨年秋は一旦抜け、キャラとの親和性が程よくなった気がしました。今回女子キャストも追加され音駒がほぼ揃った贅沢な空間でした。監督もいて欲しかったですが尺も流れも今回スマートで観やすく、今回に関してはカットで良かったと思います。 支え有りのアタックモーションも迫力がありますが、バレー経験者の近藤さんの支え無しジャンプサーブやバックアタックのジャンプの高さにも痺れます。 プロジェクションマッピングも冒頭がとてもカッコよく、まさに2次元から2.5次元、3.5次元に変わる様な、流れるように作品に入り込める最高の入りでした。 昨年音駒メンバーラストだと思っていた為、再び観れると知った時は本当に嬉しかったです。終わりが近づくにつれ寂しさもより強くなりますが、今回も大切に最後まで見届けて、新烏野も楽しみに待ってます。

    サッコーイ
  • 「宝塚BOYS」

    初演からずっと観てきて今日が一番若いBOYSでした。一生懸命、涙と汗が飛び散る熱意溢れる舞台でした。歌もダンスももうひと頑張りというところですが今しか持てない若さの煌めきが眩しかったです。 再演があるのなら成長した彼らにまた会いたいと思います!

    いばら姫
  • 「宝塚BOYS」

    この舞台は何度もキャストを変えて上演されているのですね。 今回の主人公は、舞台でワンピースのルフィをやったことで有名な永田崇人君という小さいけどイケメンな人。ちょっと声が高くて台詞も走っていましたが、熱演でした。 主人公と言ってもみんなが主人公のようなもので、7人の男子部の人それぞれに戦争と過去と戦後を背負った話があって、キャラがいろいろで面白かったです。 この戦後すぐの時代だから、この人達はこんなに頑張って、稽古、稽古の毎日を我慢して、男女合同公演を夢見ていたんでしょうね。それにしても、新芸座とかは出ていたのでしょうか。馬の足をするだけで、他の舞台にちょこっと出るくらいでよく我慢できたなあと思います。待たされて、待たされて、本当にだんだんかわいそうになります。 でも、人間ってこういう不運とか、頑張って期待したことがぽしゃったりとかいう事はみんな一度も無いと言う人はいないと思います。そういう意味で感情移入できるのか、客席はすすり泣く声がけっこう聞こえました。 最後に宝塚のショーの最後のようなフィナーレがあるのですが、小さい階段が出てきて、7人がタキシード(宝塚で言う、黒タキというやつ)を着て踊り、最後羽をしょって出てきます。この羽をしょって出てきて、「おぉたからづか~」と歌うところ、涙が出てきました。あまりにもせつなくて、こういう場面をずーっと夢見ていたんだなと思うとかわいそうすぎました。 ダンサーの役は東山くんが出るのを見たかったのですが、私の行った公演は、同じダンスグループの中塚皓平くんという人で、背が高くていかにもダンサーって感じでかっこよかったです。次の舞台も見たいです。 あとは舞台経験の多そうな山口大地くんが面白かったです。他のキャストはこれからっていう若い人達ですね。 千秋楽で、みんな名残惜しい、楽しいカンパニーだったという感想を述べられていました。

    スギョン
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

永田崇人 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み