巴山萌菜(トモヤマモナ) のチケット情報

公演レビュー
  • 巴山萌菜/Re:versed

     ドラマ「賭ケグルイ」の主題歌で知り、初めて行きました、巴山萌菜さんと、変名アーティストとしてRe:versed。 前半はRe:versedとして、黒い衣装で、「一か八か」をはじめとする、ロック調なエレキギターフィーチャーなナンバー。 後半は、巴山萌菜として、オレンジの衣装で、声のよく通る伸びやかなナンバーから、ちょっと可愛げのあるナンバーまで。  主題歌「一か八か」で知った人は、Re:versedをお勧めします。私はそうでした。 ただ、歌は巴山萌菜ナンバーのほうが、たぶん本人が慣れているのか、そういう志向なのか、素直にハマっている感じがします。 MCも、どちらかと言えば「ほっこり」する感じの、人柄の良さが滲む暖かい雰囲気でした。  知らなかったのですが、これまでは一時期アニメの世界でご活躍されてたとのこと。伸びのある声や、可愛げのある部分をうまく出せるのは、そういう面を経験されているからかなと思います。そうすると、Re:versedは、引き出しの多さの一部なんだろうなと感じました。 とは言え、これからロックでアバンギャルドな部分も洗練されていけば、活躍の場は広がっていくでしょうね。  まずはRe:versedでちょっと広がった世界を確かなものに出来れば、その後は巴山萌菜ナンバーにも注目されていくと思うので、まずはRe:versedとしての2~3枚目、アルバムリリースくらいまでの頑張りに注目してみたいアーティストさんでした。

    MAKO911
  • 巴山萌菜ワンマン・ライブ「Brand New Days」

    巴山萌菜さんワンマンライブは何度か行われてますがアコースティックではない生のフルバンド形式のものは初めて。 彼女の透き通った良く響く声は大音響の中で少しも影響を受けることなく、逆に演奏陣を圧倒するかのように芯の通ったパフォーマンスでした。 TVアニメの歌唱担当を離れて1年以上、地道にしっかりと対バンライブなどで活動を続けて少しずつオリジナル曲も増えて、カバー曲もカバー曲CDとして2枚の音源を出して彼女らしいアレンジで聴かせてくれる、ライブではCD音源以上のピッチ感や抜け感ファルセットなどの表現力が魅力的。今回のライブでは夏のコミックマーケット92で頒布予定のCDから〝プラチナ/坂本真綾さん〟のカバーVer.が初披露されるなど今後への期待も膨らむ素晴らしいものでした。 アンコールが出発の歌であるオリジナル曲のスタートラインで締めくくられ、ライブタイトル通り、新しい日々への期待、次は何をやってくれるかのドキドキを感じております。

    よよ@英三
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

巴山萌菜 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み