羽瀬川なぎ(ハセガワナギ) のチケット情報

公演レビュー
  • 転校生(女子校版)

    今時の女子高生のリアルな姿……という訳ではないですが(リアルな姿は知りませんが)、彼女たちの何気ない一日が自然に描かれていて、気持ちの良い舞台です。 ストーリーは特にありません。 とある女子校に、ある日、転校生がやってきます(天野はなさん)。 彼女は、「今朝起きたら、この学校の生徒になっていた」と言っています(カフカの『変身』×『風の又三郎』?)。 そんな彼女を迎え、教室で展開される21人の女子高生の会話劇。 この舞台の特徴として、同時多発的におしゃべりが始まります(もちろん肝心な部分では、セリフが重ならないようになっていますが)。 普通、女子高生がこれだけ集まって、一斉におしゃべりすると「うるさーい」ってなるもんですが、不思議とそんなに嫌な感じはしません。 もちろん声の大きさなんかも調整しているんでしょうが、それよりも彼女たちの言葉に「ヤバイ」「マジ」「ムカつく」といった流行り言葉?が無いからかもしれません。 話す内容は、街で見かけた変な親子といった他愛もないことから、課題図書の話、研究発表のネタ探しの話、英語の「how」と「why」の違いなどなど、多岐に渡っています。 そういった話を通して、彼女たちが感じている(漠然とした)不安や寂しさなんかも伝わってくるようでした。 だから最後、一人一人の名前を呼びながら机を周る場面で、「自分たちの居場所はここにある」と確認することができ、安心できたんでしょう。 本当に何てことないシーンなのに、観ているこちらの胸も温まるラストでした。

    touch
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

羽瀬川なぎ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み