ミュージカル「HEADS UP!」 のチケット情報


ライトの向こうに俺たちがいる――。一万人を熱くさせた奇跡のバックステージ・ミュージカル再び!

  • ミュージカル「HEADS UP!」

■プロモーション動画
公式サイトでは、9月26日の製作発表記者会見で披露された本公演の劇中曲メドレーや、
初演の模様をまとめたダイジェスト映像を公開中!
⇒ こちらをクリック!(外部サイトに接続)

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2017/12/14(木) ~ 2018/3/12(月)

    会場

    TBS赤坂ACTシアター (東京都)
    KAAT 神奈川芸術劇場 ホール (神奈川県)
    上田市交流文化芸術センター 大ホール (長野県)
    刈谷市総合文化センター 大ホール (愛知県)
    新歌舞伎座 (大阪府)

公演について

本作は、普段表舞台に登場することのないバックステージで働く舞台スタッフの奮闘を、心弾む音楽に乗せて送るオリジナルミュージカル。いわゆる“バックステージもの”は役者を中心に舞台裏のドタバタが繰り広げられますが、本作は新人とベテラン二人の“舞台監督”を軸に展開します。


ガランとした素舞台に大道具のセットが組まれ、照明、音響、衣裳、制作、小道具、演出部と、各セクションのスタッフが本番に向かっていく姿を余すところなくご覧いただける、前代未聞の“舞台メイキング”ミュージカルです。


トラブル続出、すったもんだの挙げ句についに幕が開き、感動の大フィナーレ! ……かと思いきや、本作がさらにユニークなのは、幕が降りてから“バラシ”と呼ばれる劇場撤収作業までが描かれること。「そんなのドラマになるの?」と思われがちですが、心配はご無用。客席から観ているだけでは到底想像のつかない舞台制作のスタッフワーク、誇りをもって舞台を支え、愛する人々の群像劇が本格的ミュージカルとして描かれます。


お客さまからのエールにお応えしての再演です。どうぞ、お見逃し無く。


■あらすじ

ミュージカルファンなら誰もが知る”あの名作”が1000回目の公演を終え、華々しく終了する、はず…だった。

しかし、主演俳優の鶴の一声で、某地方都市の古い劇場で1001回目を上演することに!

さあ、現場はてんやわんや。舞台美術は廃棄済み、スタッフの人手も足りない、キャストのスケジュールも押さえていない…、さらに、舞台の総指揮を執るのはこの作品が初めて、という新人舞台監督!とんでもない条件の中でもスタッフたちは必死に幕を開けようと奮闘する。幸か不幸か、チケットは完売、つまり観客が待っている!!

舞台本番当日、新米“舞台監督”のデビュー作は問題山積!

果たして幕は無事に開けられるのか…。



★神奈川公演 アフタートーク登壇者決定!

◇12月16日(土)18:30終演後
登壇者:哀川翔 相葉裕樹 大空ゆうひ 中川晃教


◆げきぴあ/これは中毒性のあるミュージカル――『HEADS UP!』相葉裕樹&中川晃教インタビュー


アーティスト情報

すべてを見る