「ゲゲゲの先生へ」 のチケット情報


佐々木蔵之介、松雪泰子、白石加代子ら出演。現代日本演劇を牽引するイキウメの前川知大が「水木しげるの世界」をモチーフに書き下ろす新作。

  • 「ゲゲゲの先生へ」

公演について

本作は、「イキウメ」を拠点に劇作家、演出家として活躍している前川知大が脚本、演出を手掛ける新作。水木しげるの「世界観」を原作にした完全なオリジナルストーリーに、幾つかの原作短編を織り込んでいきます。

ある一つの作品の舞台化でも、評伝でもなく、水木しげるの人生観、世界や“不思議”との関わり方を、膨大な作品群とその登場人物、エッセイやインタビューで語られた言葉、エピソードから読み解き、新しい物語を編み上げます。

SFやオカルトなど日常世界の裏側から人間の心理を描き、空間・時間をシームレスに編集する演出を得意とする前川が、水木作品に挑戦するのは、まさに必定ともいえる巡りあわせでしょう。


■あらすじ

平成六十年。子供が生まれなくなって人口の激減した日本。人は都市に身を寄せ合い、田舎は打ち捨てられ植物に飲み込まれている。都市は権力による抑圧的な社会で、貴重な妊婦と赤子は政府の管理化に置かれている。


ある廃村に、根津という男が一人で暮らしている。根津は半分人間、半分妖怪の半妖怪。かつて村人がいた頃は、彼の周りに妖怪の姿があった。しかし村人が減り、国中で子供が消えていくのと平行して、妖怪たちも姿を消した。根津は、なぜ自分は消えないのかと考えつつ、何かを待つかのように十年以上、独りまどろみの中にいる。


ある日、根津の前に都市からきた若い男女が現れる。都市は突如現れた謎の怪物によって混乱しているという。女は妊娠しており、混乱に乗じて逃げてきたのだ。


根津と二人の会話を通じて、根津がなぜ半妖怪になったのか、なぜ妖怪たちが消えてしまったのか、そして都市に現れた怪物はなんなのか、次第に明らかになっていく。


そしてその怪物は、三人のいる廃村に向かいつつあった。

-----

本作では、ねずみ男をモデルにした「根津」という男が、なぜ半妖怪になったのか。様々なエピソードが挟み込まれて進行します。舞台作家・前川のフィルターを通して、水木しげる作品の最大のオマージュと呼べる作品が誕生します。

チケット情報

公演エリア
現在販売中のチケットはありません。

チケット発売情報

アーティスト情報

すべてを見る