「書を捨てよ町へ出よう」 のチケット情報


寺山修司初期作品を、マームとジプシーの藤田貴大が独自の解釈で現代に蘇らせた話題作が再演。

  • 「書を捨てよ町へ出よう」
  • 書を捨てよ町へ出よう

公演について

2015年12月、寺山修司初期作品ある「捨てよようマームとジプシーの藤田貴大が独自の解釈、現代蘇らせ、話題となった本作。満持しての再演ご期待ください!


◆作・演:藤田貴大(Takahiro FUJITA)

マームとジプシー主宰/演劇作家。1985年生まれ。北海道伊達市身。桜美林大学て演劇専攻。2007 年マームとジプシー旗揚げ。以降、全作品の作・演担当。象徴するシーンの繰り返し別の角度から見せる映画的手法注目受け、演劇の反復おける観客や俳優の作探求。音楽ある"リフレイン"の概念演劇取り入れ、オリジナルの演劇手法確立。11年6月-8月かけて発表した三連作『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』第 56 回岸田國士戯曲賞 26 歳受賞。以降、々な分野の作家との共作積極的行うと同時演劇経験問わず々な年代との創作も意欲的取り組む。14年『てんとてん、むすぶせん。からなる、立体。そのなか、つまっている、いくつもの。ことなった、世界。および、ひかりついて。』初の海外公演成功させる。16年第二次世界大戦末期の沖縄戦動員された少女達着想得て創作された『cocoon』第23回読売演劇大賞優秀演家賞受賞。また、古典作品の演も行い、16年発表した『ロミオとジュリエット』は時間軸遡って進行させる手法と複雑な装置の転換、主要な登場人物全て女性演じさせるコンセプト注目が集まった。

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2018/10/7(日) ~ 2018/11/8(木)

    会場

    札幌市教育文化会館 小ホール (北海道)
    三沢市国際交流教育センター (青森県)
    東京芸術劇場 シアターイースト (東京都)

  • 注意事項

    未就学児童は入場不可。

アーティスト情報

すべてを見る