「プリシラ」 のチケット情報


山崎育三郎、ユナク・古屋敬多(Wキャスト)、陣内孝則ほか出演。華麗なドラァグクィーン達が往年のディスコヒッツで歌い踊る、超ゴージャスなミュージカル!

  • 「プリシラ」

公演について

原作は1994年に公開された、3人のドラァグクィーンたちによるドタバタ珍道中を描いたオーストラリア映画。低予算で製作されたにもかかわらず世界中で大絶賛を浴び、その奇抜でオリジナリティ溢れる衣装によりアカデミー賞衣裳デザイン賞も受賞。今やLGBTQのバイブル的な作品となりました。


2006年にはミュージカル版がオーストラリアにて誕生。マドンナやドナ・サマーといった往年のディスコヒッツが鳴り響く中で、豪華絢爛な衣裳をまとったキャストたちが歌い踊るゴージャスな舞台は、ロンドン・ウエストエンド、NY・ブロードウェイを含む15か国以上の国で上演されてきました。


満を持して2016年12月に初演された日本人キャスト版は完売続出の大ヒットを記録し、大きな話題と感動を巻き起こしました。そしてこの度、世界を舞台に活躍を続ける演出の宮本亜門とキャストが再び集結し、待望の再演に挑戦します。最強のクリエイティブ陣と豪華実力派キャスト陣を迎えてお贈りするミュージカル『プリシラ』、お見逃しなく!



STORY


舞台はオーストラリア。

仕事も私生活もうまくいかないドラァグクイーンのティック(山崎育三朗)に、別居中の妻・マリオンから電話がかかってきた。最近、息子のベンジーがティックのことを知りたがっているのだという。ティックはベンジーと会ったことがない。ドラァグクイーンである自分には父親の資格がないのではないかと悩んでいたのだ。マリオンはそんなティックに対し、自らが支配人を勤めるカジノでドラァグクイーンのショーをやってほしいと依頼。そこでベンジーにも会って欲しいと伝える。

内心迷いながらもティックは、誇り高いトランスジェンダーであるバーナデッド(陣内孝則)と、若くエネルギッシュなゲイであるアダム(ユナク/古屋敬多)の2人に声をかけ、共にカジノへと向かうことを決める。向かう先に別れた妻子が待っていることを秘密にしたまま…。

カジノがあるのは、オーストラリア大陸中央に位置する砂漠ど真ん中の街。3人は「プリシラ号」と名付けたバスに乗って、海辺の街から3千キロの旅を始める。道中に待ち受ける強烈な事件やキャラクターに遭遇する中で、3人はそれぞれが抱える孤独と会いに向き合うことになる-

チケット情報

公演エリア
現在販売中のチケットはありません。

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/3/9(土) ~ 2019/3/30(土)

    会場

    日生劇場 (東京都)

  • 注意事項

    未就学児童は入場不可。出演者・公演スケジュールは予定のため変更の可能性あり。出演者変更に伴う払戻し不可。

アーティスト情報