unratoプロデュース「LULU」 のチケット情報


霧矢大夢主演で贈る、ドイツの名作戯曲。広瀬彰勇、多田直人、山本匠馬ほか出演。

  • unratoプロデュース「LULU」
  • unratoプロデュース「LULU」
  • unratoプロデュース「LULU」

公演について

演劇ユニットunrato (アン・ラト) では2019年3月、霧矢大夢主演でドイツの名作戯曲『LULU』を上演します。『LULU』はドイツの劇作家フランク・ヴェデキントの『地霊』と『パンドラの箱』の二部作を一作品としてまとめた物語です。ドイツ演劇を専門とする小山ゆうなが満を持してドイツの名作戯曲に取り組みます。今回はこの2部作から『パンドラの箱』に焦点をおき翻案。unartoのプロデュース公演として、現代化して上演します。

波乱の人生を送るルルに挑むのは霧矢大夢。霧矢は元宝塚歌劇団月組トップスターで、退団後はミュージカルを中心に活躍しています。『I DO! I DO!』 (2014年) では読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。2019年1月にはミュージカル『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』、6月にはミュージカル『ピピン』の出演を控えます。

演出の小山は昨年の舞台『チック』で読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞した注目の演出家です。今回は小山の曾祖父である楠山正雄の翻訳を元に、上演台本も手掛けます。霧矢大夢と小山ゆうなは初顔合わせとなります。

出演は、劇団四季出身の広瀬彰勇と文学座の中村彰男とベテラン実力派、演劇集団キャラメルボックスの看板俳優・多田直人、声優としても活躍する山本匠馬、元宝塚歌劇団宙組娘役トップスターの紫城るい、翻訳劇に定評のある雷ストレンジャーズの霜山多加志と多彩な顔ぶれが揃いました。音楽は松田眞樹の書き下ろしで物語を彩ります。

主人公・ルルは“ファムファタル”の代表とされていますが、自分を隠さず素直に生きる勇気を持ち、かつ行動した女性ではないでしょうか? 本公演ではただ男性に翻弄される女性ではなく、また男性を翻弄する女性でもなく、あくまでも自分に忠実に生きた知的で自由な女性として現代によみがえらせたいと考えます。資本主義をベースに男性中心で築かれて来た社会構造が変わろうとしている今、新しい男性像・女性像の魅力的なあり方、そしてこれからの女性の自由や権利の本質を探る舞台を目指します。

あらすじ

町で拾った少女ルルを連れ帰り育てたシェーンは、彼女に惹かれながらも官僚の令嬢と婚約し、ルルは老ゴル博士に嫁がせる。カメラマンのシュヴァルツのスタジオ。若き妻、ルルを撮影させるゴル。シュヴァルツ、シェーンの息子で劇作家のアルヴァ、画家のゲシュヴィッツはルルに出会い、魅了されていく。

ルルはシュヴァルツと愛し合うようになるが、その現場を目撃したゴルは怒りでショック死する。

ルルはシュヴァルツと結婚。しかし、真面目すぎるシュヴァルツに飽き始めるルル。そこへ、ルルの父親を名乗るシゴルヒがやってきて金をせびり、シェーンはルルの過去の秘密を暴露。絶望したシュヴァルツは自殺する。

シェーンは、息子のアルヴァに舞台を書かせ、ルルを踊り子として出演させ成功する。そして、ルルは権力者であるシェーンの妻の座を手に入れる。

だが、奔放な関係を続けるルルに逆上したシェーンはピストルを突きつけ、逆にルルに殺されてしまう。

ルルを求めるゲシュヴィッツは、シェーン殺害の罪で収監されたルルのため、自らルルと入れ代わり救い出す。

逃亡の果てに娼婦となったルルは4人の客をとる。その4人目の客が切り裂きジャックだった…。

出演者インタビュー

F・ヴェデキントの『地霊』と『パンドラの箱』の二部作をひとつの作品にまとめた『LULU』。映画やオペラにもなったドイツの古典戯曲だ。自由で知的、魅惑的なルルに挑むのは霧矢大夢。彼女の2人目の夫シュヴァルツなど3役を演じる多田直人。ふたりに本作への思いを聞いた。

(撮影・文:河野桃子)



――稽古はどんな手ごたえでしょうか?


霧矢「ルルは周囲の人を翻弄して破滅させていく。けれどけして悪女ではなく、ただふと思いついたことを言うと、みんなが素直に聞いてしまう。奔放で、私にはない部分ばかり持っている女性です。みなさんがとても褒めてくださる女性の役なのでプレッシャーを感じますが、照れて遠慮してしまったら演じられないので、まずは「私はルルだ」と信じるところからでした」


多田「ルルをどう描くかにかかっていると思います。もし僕がルルをやるとなったら、演劇人生20年の中で1、2を争うくらいの過酷な役ですね。演じる霧矢さんは、芝居や役に対してとても誠実な方です。こん大変な役を、一つひとつおざなりにせず、芯を通そうと向き合ってらっしゃる。印象的だったのは、キスシーン。立ち稽古の2回目でちゃんとキスをしてくれたんです。キスシーンは遠慮し合って劇場に入るまではフリだけしましょう、ということもあるのですが、霧矢さんは思いきり向かってきてくださった。霧矢さんの気概と大きな器を感じて、身が引き締まりました」


霧矢「人間の本能や感情を掘り下げた作品だから、本気で向き合わなくてはと思いました。ただ、私は普段はエンジンがかかるのが遅いんです。約100年前のドイツで書かれた戯曲で言い回しが独特なので、稽古では苦戦しています。だから稽古では、戯曲の感覚をじっくりと身体に染み込ませています。この積み重ねの上で、ある日回路がスパンと繋がって、自由に演じられるはずなので」



――多田さんは3役を演じますね。


多田「3役演じますが、ウブで女性経験が少ないカメラマンのシュヴァルツと、粗野でインテリジェンスに欠けるロドリーゴは、対極な男性ですね。キャラクターごとにルルに翻弄される様子や、葛藤の仕方、太陽みたいな女性を前にした時のリアクションが違うのが面白いです。僕の役のつくり方によって、ルルをどう輝かせられるかが変わるので、重要な役だなと思います。」


霧矢「多田さんは、違う役でいろいろなアプローチをしてくるので、こちらも前のめりになれる柔軟性があります。シュヴァルツとロドリーゴのように、同じ俳優が別の役を演じたり、同じ役でも1幕と2幕でルルとの関係がまったく変わったりと展開がとても早い脚本なので、その変化が人間の多面性を描いていて面白いですね。」



――『LULU』という戯曲の魅力は?


多田「この『LULU』では僕たち俳優は、ただきちんと仕事をすることに尽きます。台詞の中で「芸術に取り組むとき、我々にできることは、できる限り正確に仕事をすることだけなんです」という言葉がありますが、本当にそれしかない。ただ目の前のことに一喜一憂し、懸命に役として生きるだけ。きっとそれが人間の在り方ですし、観ている方によって受け取り方が違う作品だろうなと思います」


霧矢「作品全体を通して明確なメッセージがあるわけでないのですからね。私はルルとして一生懸命生きて、燃えていきます。人間の普遍性をあらゆる角度から、どうぞじっくりご覧になってください」


  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/2/28(木) ~ 2019/3/10(日)

    会場

    赤坂RED/THEATER (東京都)

  • 出演者など

    [原案・原作]フランク・ヴェデキント [劇作・脚本・演出]小山ゆうな [出演]霧矢大夢 / 広瀬彰勇 / 多田直人 / 山本匠馬 / 紫城るい / 霜山多加志 / 中村彰男

    注意事項

    未就学児童は入場不可。公演内容に関する詳細はinfo@ae-on.co.jpまで。

  • 公演などに関する問い合わせ先

    アン・ラト:

アーティスト情報