オマーラ・ポルトゥオンド日本公演/映画『Cu-Bop across the border』上映 のチケット情報


傑作音楽ドキュメンタリー映画の新作『Cu-Bop across the border』が2018年3月、東京から全国上映決定!公開記念コンサート「オマーラ・ポルトゥオンド日本公演~ロランド・ルナを迎えて~」も開催決定!

  • 『Cu-Bop across the border』
  • オマーラ・ポルトゥオンド日本公演 ~映画『Cu-Bop across the border』公開記念
  • 菊地成孔
  • 柳樂光隆

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2018/3/10(土) ~ 2018/3/23(金)

    会場

    EX THEATER ROPPONGI (東京都)
    シネマート新宿 (東京都)
    ブルーノート東京 (東京都)

公演について

未公開映像を含むファン待望の"Cu-Bop第二章"が全国上映決定!


2015年に渋谷のミニシアター、アップリンクで限定上映として公開がスタートし連日ソールドアウト、その後も追加上映が何度も組まれ、音楽ドキュメンタリーとしては異例の半年間に渡るロングランヒット作となった『Cu-Bop Cuba New York Music Documentary』。その後、激変するキューバ/米国情勢を踏まえ、入念な再撮影と再編集を施し、より多くの映画ファン、音楽ファンに訴える作品として蘇った新作が、この『Cu-Bop across the border』だ。

Cesar Lopez(セサル・ロペス)、 Habana Ensemble (ハバナ・アンサンブル)、 Axel Tosca(アクセル・トスカ)、 (U)nity(ユニティー)、 Rolando Luna(ロランド・ルナ)、Adel Gonzalez(アデル・ゴンザレス)といった個性豊かなプレイヤー達による高揚感あふれる音楽のみならず、キューバという国の置かれてきた政治的、民俗学的状況を語る上でも大変貴重とされる映像を収めたのは、写真家/ライターとして20年以上キューバに通い続けてきた高橋慎一。今回の新作では、キューバと米国を取り巻く政治状況や、米国発のジャズが何故"敵国"キューバで盛んなのか、といった両国の特殊な文化的背景を、本国キューバはもとより米国、カナダでも人気の女性ラッパー・テルマリーがナレーションで解説。より多くの人が楽しみやすい内容となっている。

また、2人の主演アーティスト、キューバのナンバーワン・サックス奏者セサル・ロペスと、ピアノ界の風雲児アクセル・トスカの最新インタビューを新たに収録。キューバと米国に別れて活動する2人の天才音楽家は、昨今のキューバを取り巻く政治状況をどう捉えているのか、その発言に注目だ。

そしてもちろん、前作で喝采を浴びたキューバ人アーティストのライブシーン、自宅でのリハーサル、貴重な路上音楽家の演奏等はカットすることなく完全収録。最新の音楽スタジオでリマスタリングを施し、以前にも増して迫力あるサウンドとなっている。米国との国交回復前に収録された、貴重なキューバ音楽、キューバンジャズを楽しんでいただきたい。

豪華公式ガイドブック発売中


『Cu-Bop across the border』公開を記念し公式ガイドブックも発売。インターネット販売に加え、もちろん、上映館、イベント会場でも販売される。ガイドブックには、A4サイズ28ページにもわたり、ミュージシャンやキューバの街並みといった写真、『Cu-Bop』完成秘話、セサル・ロペス、アクセル・トスカへの最新インタビュー等が収められ、劇中のコンサートを収録したサントラCD(約27分)も付いている。

しかし、今回はそれだけではない。なんと、高橋慎一監督が新たに制作・編集した未公開の中編映画『Cu-Bop番外編』DVD(約31分)が付録に!上映時間の関係で惜しくも映画本編では未収録となった、キューバ人アーティストの演奏シーンが多数収録された本DVDは「音楽のクオリティなら本編をも凌ぐ」と試写を観た関係者を唸らせる出来栄えとなっている。

『Cu-Bop across the border』公式ガイドブック

体裁:A4/24P+表回り/オールカラー/特典CD・DVD付

料金:2,800円(税込) 発行:ぴあ株式会社

BOOKぴあ にて販売中。

3月より東京から順次全国上映スタート


シネマート新宿(東京)にて3月18日(日)から23日(金)までの公開が決定した。上映日には毎日、監督の高橋慎一によるサイン会も実施され、さらに、3月10日(土)・11日(日)に高橋慎一監督とゲスト(後日発表)によるトークショー付き先行上映も開催決定。

会場:シネマート新宿(〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目13-3新宿文化ビル)

■先行上映(トークショー付):2018年3月10日(土)・11日(日)

■一般上映(サイン会付):2018年3月18日(日)~23日(金)

先行上映および一般上映前売チケット発売日:2018年2月3日(土)10:00AM~

ご購入は、各劇場、ぴあまで。


トークゲスト:

10日(土) 菊地成孔

11日(日) 柳楽光隆

21日(水) 相澤虎之助

23日(金) 阪本順治


菊地成孔

1963年生まれの音楽家/文筆家/大学講師。音楽家としてはソングライティング/アレンジ/バンドリーダー/プロデュースをこなすサキソフォン奏者/シンガー/キーボーディスト/ラッパーであり、文筆家としてはエッセイストであり、音楽批評、映画批評、モード批評、格闘技批評を執筆。ラジオパースナリティやDJ、テレビ番組等々の出演も多数。2013年、個人事務所株式会社ビュロー菊地を設立。


柳樂光隆

1979年 島根県出雲市生まれ。出雲高校~東京学芸大学卒。元レコードショップ珍屋の店長。

ジャズを中心にさまざまな音楽について書いている音楽評論家。

21世紀以降のジャズをまとめた世界初のジャズ本『Jazz The New Chapter』シリーズを監修。

『Jazz The New Chapter』シリーズのコンピレーションCDなど選曲家としての仕事も多数。


『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』でもおなじみのオマーラ・ポルトゥオンドがロランド・ルナと共に来日決定


3月20日(火)EX THEATER ROPPONGI(東京)にて、映画公開を記念したコンサートが開催される。作品中そして公式ガイドブック特典映像にて驚異的な演奏を繰り広げているピアニスト、ロランド・ルナを迎え、2016年の"さよなら日本ツアー"で感動を巻き起こした伝説的バンド『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』でもおなじみの87歳のレジェンド、オマーラ・ポルトゥオンドが精鋭バンドメンバーを率いたスペシャルライブを繰り広げる。陽気なリズム、時々メロウなメロディを、スタンディング、大会場で、適度なアルコールと一緒に楽しみたい。

オマーラ・ポルトゥオンド日本公演@EX THEATER ROPPONGI

~映画『Cu-Bop across the border』公開記念 ロランド・ルナを迎えて~

開催日:2018年3月20日(火)19:30開場/20:00開演

会場:EX THEATER ROPPONGI(〒106-0031 東京都港区西麻布1丁目2-9)

出演:オマーラ・ポルトゥオンド(ヴォーカル)、ロランド・ルナ(ピアノ)、ロドニー・バレット(ドラムス)、ガストン・ホヤ・パレリャーダ(ベース)、アンドレス・コアヨ(パーカッション)

料金:アリーナ(スタンディング):10,000円 / スタンド席(着席):12,000円

※いずれも入場時に1ドリンク(500円)を別途ご注文頂きます。

主催:ぴあ株式会社

先行発売:2018年1月31日(水)10:00~2月5日(月)23:59

一般発売:2018年2月6日(火)10:00~

ご購入は、ぴあ、イープラス、ローソンチケットまで。

※ご入場時に別途1ドリンク代\500を頂戴致します。

※未就学児入場不可。小学生以上のお客様は通常のチケット料金にてご案内いたします。

※都合により、出演者、公演内容の一部を変更する場合がございます。予めご了承ください。

関連公演情報:

オマーラ・ポルトゥオンド日本公演@ブルーノート東京

開催日:2018年3月18日(日)16:30開場/18:00開演

会場:ブルーノート東京(〒107-0062 東京都港区 南青山6丁目3-16)

主催:株式会社ブルーノート・ジャパン

リンク情報


『Cu-Bop across the border』公式twitter

高橋慎一監督&アクセス・トスカ インタビュー

アーティスト情報