「ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル」~スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ~ のチケット情報


2012年ピューリッツァー賞を受賞した珠玉の物語を日本初上演!歌舞伎界の新鋭、尾上右近が翻訳現代劇に初挑戦。

  • 「ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル」
  • 「ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル」

チケット情報

公演エリア
現在販売中のチケットはありません。

チケット発売情報

【ぴあ×パルコステージ特別企画 『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル 尾上右近密着取材vol.1】
尾上右近インタビュー&スチール撮影レポート

【ぴあ×パルコステージ特別企画 『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル 尾上右近密着取材vol.2】
尾上右近×G2対談

公演について

2012年ピューリッツァー賞戯曲部門賞受賞。7月日本初上演。

歌舞伎界の新鋭、尾上右近が翻訳現代劇に初挑戦!


2012 年にピューリッツァー賞戯曲部門賞を受賞した「WATER by the SPOONFUL」を、今年 7 月の東京を皮切りに各地方都市での日本初上演いたします。

パルコプロデュースで「ダブリンの鐘つきカビ人間」、「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」などエンタテインメントの名作を手掛けてきたG2。この作品は、ピューリッツァー賞脚本部門に注目していた彼が自ら、「この戯曲を演出したい!」と心から願った 2012 年の受賞作品で、翻訳と共に演出を担当します。


さらに出演には、昨年の「スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース」で市川猿之助が怪我で降板した後、全編の主演を務め注目された尾上右近が、自身初となる翻訳現代劇の舞台に挑戦。幼い頃に実母からネグレクトを受けて育ったトラウマを持ち、成長してイラク戦争に参加した後に負った負傷が原因で、モルヒネ中毒になった過去を持つ青年役を演じます。


作家のキアラ・アレグリア・ヒュディス女史は、2008 年にトニー賞で作品賞を含む4 部門を受賞したミュージカル「イン・ザ・ハイツ」の脚本も担当した脚本家。本作では、なぜ人は薬物に救いを求めてしまったのか、彼らが求めていたものが本当は何なのか、そこから立ち直った後、人々がどうやって生きていくのか迷い悩む姿を描いています。

コカインとインターネットという二つの媒介を通し、対比させることによって、人と人とが直に触れあう関係や結ばれた絆が、いかに人生にとって大切なものかをくっきりと浮かび上がらせています。


<あらすじ>

オデッサは、特殊なサイトを運営しているサイト管理人だ。そのサイトは、何千マイルも離れてまったく異なる職業につきながら、ある共通点を持った人々が集まるサイトだった。ヘロイン、コカインといった依存性のあるドラッグ中毒者たちである。無職の者、税務署職員、起業家などなど。管理人のオデッサ自らも元コカイン中毒者であり、かつて幼い娘と息子を依存症のために見殺しにしかけ、娘を失った過去を持っていた。


オデッサの息子エリオットは、イラク戦争に出兵して肉体的にも負傷すると共に、あることで心の傷を負っていた。また足の負傷をきっかけに、心ならずもモルヒネ中毒となった経験を持っている。そして、彼のよき理解者であり従兄弟である大学非常勤講師のヤズミンは、現在離婚調停中で人生に行き詰まっていた。すべての登場人物が、人生の行方を探そうとしてあらがい彷徨う中、エリオットの育ての母であり、伯母でもあったジニーの死をきっかけに、オンラインとオフライン、それぞれの人間関係がリアルな世界の繋がりの中へとくっきりと浮かび上がり、少しずつ変化していく。


ドラッグを契機に身内も含めた「社会」から疎外されてしまった人々。改めて他者とつながりたいという願望を募らせつつも、うまくいくはずがないと葛藤する彼ら彼女らのありようは、現代社会の闇であると共に、ネット社会こその一筋の希望を照らし出す。

アーティスト情報